NEW

過小評価される安倍晋三…世界中の首脳が信頼、日本の地位を飛躍的に高めた外交手腕

文=白川司/評論家、翻訳家
過小評価される安倍晋三
トランプ夫妻と安倍夫妻(「Getty Images」より)

 アメリカのドナルド・トランプ前大統領が7月8日、自らが中心になって立ち上げたSNS「トゥルーソーシャル」に、次のように投稿した。

<安倍晋三氏がどれほど優れた指導者だったかを知る者はまだ少ないが、歴史は公平であり、のちに誰もがそれを知るようになるだろう。安倍氏には彼一流の、しかも飛び抜けた統率力があり、素晴らしい祖国である日本を愛し大切にしてきた。安倍晋三がいないことは大きな悲しみを生むだろう。彼のような人物はもう決して現れない(拙訳)>

 亡くなった者に賛辞を送るのは、元首脳としては当然の礼儀だ。だが、この投稿が弔意を示すものとして異質なのは、「安倍晋三氏がどれほど優れた指導者だったかを知る者はまだ少ない」と、安倍氏が過小評価されているという事実で始めている点だ。

 日本で安倍氏ほど世界の首脳の信頼を勝ち取ってきた首相はいなかった。アメリカのドナルド・レーガン元大統領と「ロン・ヤス」と呼び合う関係だった中曽根康弘氏は、世界で日本の首相はなかなか名前すら覚えてもらえないなかで例外的に目立った宰相だったが、安倍氏は「世界のハブ」として、世界の首脳陣を統率する地位にあった点で圧倒している。安倍氏は日本の首相としては桁違いに信頼を集めた首相だったと言っていいだろう。

 2016年11月のアメリカ大統領選は、大番狂わせだった。大本命だった民主党のヒラリー・クリントン氏に、当初は泡沫候補とみられていた共和党のドナルド・トランプ氏が圧勝。外務省はトランプ氏の勝利を予想しておらず、日本の対米外交はスタートから立ち後れて混乱した。だが、安倍氏はすぐにニューヨーク市にあるトランプタワーを訪れて、外国首脳として初めてトランプ氏との面会を果たした。

 安倍首相はトランプタワー訪問の手土産として、日本製ドライバーを持参した。トランプ氏が大のゴルフ好きであることをリサーチしており、次の会談をゴルフ付きでやりたいという意志を示せる。この細やかな心遣いは、安倍外交のひとつの特徴となっている。

 たとえば、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は、次のような安倍評を述べている。

<私が首相になったとき、安倍氏は正式にお会いした最初のリーダーの一人でした。安倍氏は自分の役割にしっかりと取り組み、また寛大で親切な方でした。私がペットの犬を亡くしたばかりのとき、安倍氏がそのことを尋ねてくれたことを覚えています。些細なことですが、安倍氏がどのような人物であるかを物語ってくれます(拙訳)>

 ペットの犬が亡くなったことに言及するのは、日本人同士であれば日常生活でごく普通に行われる。安倍氏は国際的に著名な政治家になっても、そういった普通の部分を忘れることなく、外交でもその細やかな心遣いを発揮した。

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合