NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

なぜ「いい父親」ほど家族大量殺人に走りやすいのか…私物的我が子観の危うさ

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】, ,
なぜ「いい父親」ほど家族大量殺人に走りやすいのか…私物的我が子観の危うさの画像1
愛知県警察本部(「Wikipedia」より

 愛知県犬山市の山中で車の中から小学生の姉と弟2人が遺体で見つかり、自宅から母親の遺体が見つかった事件で、この母親を殺害した疑いで42歳の父親、田中大介容疑者が逮捕され、殺人容疑で名古屋地検に送検された。田中容疑者は「妻と口論になり、かっとなって殺した」と供述しており、2人の子どもについても殺害をほのめかしているということなので、妻子3人を殺害した家族大量殺人と考えられる。

 また、田中容疑者はしばらく行方不明になっていた後、親族に連れられて警察に出頭したが、首元は血だらけで、深い傷が首や腕に複数あったという。田中容疑者は「自分で傷つけた」と供述しており、犯行後に自殺を図ったものの死にきれなかった可能性が高い。したがって、拡大自殺の未遂例といえる。

なぜ「いい父親」ほど家族大量殺人に走りやすいのか…私物的我が子観の危うさの画像2「かっとなって」妻を殺害したのは、怒りや攻撃衝動を制御できなかったからだろう。もしかしたら、妻に対する愛情と敵意の入り交じったアンビバレント(両価的)な感情が心の奥底に潜んでいて、口論をきっかけに噴出したのかもしれない。決して擁護はできないが、動機として理解できなくもない。

 しかし、近隣住民の証言によれば、田中容疑者は子煩悩な父親で、事件直前まで父子の庭先での団らんの様子が目撃されていたという。にもかかわらず、子どもにまで矛先を向けたのは一体なぜなのか。過去の家族大量殺人や拡大自殺のケースを参照しながら、その理由を分析したい。

“いい父親”ほど家族大量殺人に走りやすい

 田中容疑者は妻の首を絞めて殺害した時点で、「もうダメだ」と絶望したのではないか。つまり、妻の殺害を「破滅的な喪失」と受け止めたわけで、その時点で自殺願望を抱いた可能性が高い。

 そこから、なぜ子どもを2人とも殺害するのかと不思議に思われるかもしれないが、残された子どもが「殺人犯の子ども」として世間から白い目で見られ、苦しみながら生きていくのを不憫に思ったことは十分考えられる。そういう苦境から子どもを救い出すための他の手段を見出すことができないからこそ、「一緒に死んだほうが子どもにとって幸せ」「生きていても子どもは不幸になるだけ」などと思い込んで殺すわけである。

 客観的に見れば身勝手きわまりないが、家族大量殺人の犯人自身は家族のためと思い込んでいることが実は少なくない。典型的なのは、田中容疑者のように夫でもあり父親でもある男性が「もうダメだ」と感じるような喪失体験に直面し、家族の行く末を思って落胆した結果、自分の命を絶つだけでなく、家族全員を不幸や苦悩から救うつもりで殺害してしまうケースである。なかには、自身の犯行は愛情ゆえに遂行する「愛他的殺人」だと思っている犯人もいる。

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合