NEW

「漫画村」運営者の星野ロミ氏が仮出所  ひろゆき氏が「漫画のNetflixを作ったら」と提案で賛否

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】, ,
漫画村の星野ロミ、反省していなかった… 「警察が宣伝してくれて出所直後に50件以上の仕事のオファー」の画像1
Twitter「星野ロミ/漫画村@出所まで毎日ツイート中(@romi_hoshino)」より

 世間を騒がせた海賊版サイト「漫画村」の運営者だったとされる星野ロミ氏が自身のTwitterで出所を報告し、2ちゃんねる開設者の「ひろゆき」こと西村博之氏が「合法の『漫画のNetflix』を作っては」と新規事業を提案したことが話題になっている。

 「漫画村」は人気漫画や雑誌、写真集などを無料で閲覧させていた海賊版サイトで、アクセスの大半は日本からだったが、海外掲示板などに違法アップロードされた画像のリンクを収集しているだけで運営サーバーも国外にあることから「違法ではない」と主張。しかし、タダ読みされた被害額が3200億円以上と試算されるなど被害が拡大したことで社会問題となり、政府は「特に悪質な海賊版サイト」として名指しして取り締まりを強化。2019年に星野氏は著作権法違反の容疑などで逮捕され、懲役3年などの実刑判決を受けていた。

 星野氏は5日、自身のTwitterで「出所しました。漫画村の事件で服役してました。フィリピンで捕まってから長かったー」と出所を報告。プロフィール欄では「高校卒業後すぐに個人事業主としてアフィリエイターとなり、海外法人を複数持ち10億稼ぐも自身の関わる漫画村が巨大になりすぎた事で社会問題となり、国際指名手配されフィリピンで逮捕。模範囚として仮出所が認められ現在はシャバにいます」などと自身の経歴をつづっている。

 小学館、集英社、KADOKAWAの3社から計19億円以上の損賠賠償を求める民事裁判を起こされているという星野氏だが、出所した現在は「無職」とのこと。7日には「無職ですがそろそろ働こうと思います。今後俺にどんな事して欲しいですか?漫画村作った罪で有罪になったので就職はできません」とアンケートを募り、フォロワーからの投票は「漫画紹介YouTuberになってざんげ」が最多となった。

 これに対して、ひろゆき氏は「ガチで合法の『漫画のNetflix』を作るというのはどうすかね。。」と提案。ひろゆき氏は星野氏が有罪判決を受けたことに「悪いことをしたのは同意」としつつ、以前から漫画村のシステムやプログラムの運用法に対しては「結構優秀だと思う」と評価する発言をしていた。技術や発想力はあるのだから、合法の範囲内で便利なサブスク漫画サービスを作ってはどうかという星野氏への助言なのだろう。

 しかし、星野氏はサイトを作らなくとも「お金持ち」になれそうだという。星野氏は同日に「出所して1週間未満で50件以上仕事のオファーが来て、幻冬舎の有名編集者 箕輪厚介さんから本出さないかと提案され、登録者100万人以上のYoutuberから依頼が来た。漫画村のマスコットキャラ風に言うなら漫画家さんと警察が無料で広告してくれたおかげでお金持ちになれそうです!!」とツイート。一連の騒動によって知名度が高まり、大金を稼げそうだと皮肉をこめて言い放っている。

「漫画村」運営者の星野ロミ氏が仮出所  ひろゆき氏が「漫画のNetflixを作ったら」と提案で賛否のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!