ビジネスジャーナル > 企業ニュース > 港区のケーキ屋が全米進出&大ブーム  > 4ページ目
NEW
カール教授の超入門ビジネス講座

港区の小さなケーキ屋さん、なぜ全米進出&大ブームの人気店に?ハーバード教材に採用

文=平野敦士カール/ビジネス・ブレークスルー大学教授(学長大前研一)、ネットストラテジー代表取締役社長
【この記事のキーワード】, , ,

 筆者は米国で生まれカナダで幼少期を過ごした帰国子女だが、ケーキといえば砂糖の塊というくらい甘いものという認識だったので、確かに日本の繊細で甘すぎない美しいケーキは驚きだった。さらにコーヒーもアメリカンコーヒーは薄く香りもあまりしないが、そうしたコーヒーを飲み慣れたアメリカ人がイタリアの薫り高き濃厚なエスプレッソを起源とするスターバックスの熱狂的なファンになったのも納得がいく。アメリカ人もおいしいものが好きなのだ。

 しかし、日本にずっと生まれ育った場合には日頃当たり前に思っているモノやサービスのすばらしさに気が付かない。いや、気が付いていても慣れてしまっているのではないだろうか。レディMのケースでも、日系ハワイ出身の経営者がアメリカの味覚も日本の味覚も両方理解していたからこそ、ミルクレープというニッチなマーケットで高単価の商品を多店舗展開できたといえるだろう。

 日本人は世界で最もサービスの質に高い要求をする国民だといわれている。筆者もその通りだと思う。また、味覚や色彩についても世界に類をみないほどの繊細さがある。クールジャパンというとアニメや漫画、ゲームなどが取り上げられるが、クールかどうかを判断するのは海外の人だということを肝に銘じなければならないだろう。

 日本企業、とりわけ小さな企業が国際展開を行う際に大切なことは、進出先の国と日本と両方をよく理解している人材の採用・育成と、マネジメントやビジネスに関する基本的な教育ではないかと強く感じる。  
(文=平野敦士カール/ビジネス・ブレークスルー大学教授(学長大前研一)、ネットストラテジー代表取締役社長)

平野敦士カール/株式会社ネットストラテジー代表取締役社長

平野敦士カール/株式会社ネットストラテジー代表取締役社長

米国イリノイ州生まれ。麻布中学・高校卒業、東京大学経済学部卒業。


株式会社ネットストラテジー
代表取締役社長、社団法人プラットフォーム戦略協会代表理事。日本興業銀行、NTTドコモを経て、2007年にハーバードビジネススクール准教授とコンサルティング&研修会社の株式会社ネットストラテジーを創業し社長に就任。ハーバードビジネススクール招待講師、早稲田MBA非常勤講師、BBT大学教授、楽天オークション取締役、タワーレコード取締役、ドコモ・ドットコム取締役を歴任。米国・フランス・中国・韓国・シンガポール他海外での講演多数。


著書に『プラットフォーム戦略』(東洋経済新報社)『図解 カール教授と学ぶ成功企業31社のビジネスモデル超入門!』(ディスカヴァー21)『新・プラットフォーム思考』・『シリーズ 経営戦略・ビジネスモデル・マーケティング・金融・ファイナンス』(朝日新聞出版)監修にシリーズ18万部を突破した『大学4年間の経営学見るだけノート』『大学4年間のマーケティング見るだけノート』(宝島社)など30冊以上。海外でも翻訳出版されている。

港区の小さなケーキ屋さん、なぜ全米進出&大ブームの人気店に?ハーバード教材に採用のページです。ビジネスジャーナルは、企業、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

11:30更新
  • 企業
  • ビジネス
  • 総合