ビジネスジャーナル > 企業ニュース > セブン、“美味すぎて危険な”食品5選
NEW

セブン、“美味すぎて危険な”食品5選…あんこ揚げ食パン、かつおめし、ビーフカレー

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio

 国内に2万980店舗(2020年8月末現在)を展開するコンビニ業界最大手の「セブン-イレブン」。7月度の売上高は、新型コロナウイルスの影響により客足が遠のいたのか前年同月比94.9%とやや落ち込んでいたが、8月度は同100.0%に持ち直している。今後の巻き返しにも期待したいところだ。

 そんなセブンにはトレンドを取り入れた食品や季節限定の食品など、クオリティの高い品が数多くラインナップされている。そこで今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は、セブンでこの秋、買うべき商品を5つセレクト。食欲の秋を彩ってくれるスイーツや、忙しいビジネスパーソンのお腹を手軽に満たしてくれるパンなど、幅広いラインナップとなっている。ひとつでも気になる商品があれば幸いである。

一番だしおむすび かつおめし/118円(税込、以下同)

セブン、“美味すぎて危険な”食品5選…あんこ揚げ食パン、かつおめし、ビーフカレーの画像1

 セブンのおむすびはお米の美味しさに定評があるが、そんな米の質に自信があるからこその商品が、この「一番だしおむすび かつおめし」だと感じる。鰹節が米自体に混ぜ込んであるだけでなく、中身の具としても入っており、鰹節好きには垂涎の逸品といえるだろう。

 パッケージには「一本釣り鰹節と真昆布の一番だしで炊き上げた」とのキャッチコピーが躍っているが、口に入れた瞬間の素朴ながら深みのある味わいはたまらない。確かに出汁がとても効いていて、この味を自宅で再現するとしたら手間暇がかかって大変なはず。特に一人暮らしのビジネスパーソンにとっては、家ではなかなか味わえない稀有な味ではないだろうか。

 実際、人気も高いようだ。店舗を訪れる時間帯にもよるだろうが、平日午後には売り切れているお店が多く、筆者もセブンをハシゴしてようやく4店舗目で購入できた。118円というコスパの良さも人気のゆえんかもしれない。

THEセブンビーフカレーアンガス種牛肉使用/486円

セブン、“美味すぎて危険な”食品5選…あんこ揚げ食パン、かつおめし、ビーフカレーの画像2

 我こそはカレー好きと自負する皆さんにぜひとも食べていただきたいのが、この「THEセブンビーフカレーアンガス種牛肉使用」。こちらはアンガス種牛肉のうま味がルーに凝縮されたビーフカレーで、マイナーチェンジを繰り返しながらも、セブンの定番メニューとして長年親しまれている逸品だ。

 アンガス種牛肉のトロトロとした食感と、スパイスが効きつつも甘味とコクのあるルーが堪能できる。まだ食べたことのない人ならば、コンビニカレーの完成度がここまで上がっているのかと驚くのではないだろうか。

 コンビニ弁当の中ではミドルレンジの486円という価格設定だが、本格的なカレーを手軽に食べられるという観点から考えると満足度は高く、コスパも良好と感じるだろう。

黒蜜わらびもち入りロイヤルミルクティーバー/149円

セブン、“美味すぎて危険な”食品5選…あんこ揚げ食パン、かつおめし、ビーフカレーの画像3

 近年、コンビニアイスクリームの質の高さが注目を集めることが多いが、この「黒蜜わらびもち入りロイヤルミルクティーバー」は、まさにその上質さを体現しているアイスバーだ。

 まず一口目で感じるのは、ミルクティーの味の予想以上に上品な濃厚さだろう。そして食べすすめると出て来る、中に入った黒蜜わらびもちは、黒糖の味がしっかりと効いていて、もちっとした食感も楽しめる。また、少し溶けた状態で食べると、黒蜜わらびもちがタピオカのような食感となり、フローズンタピオカティーを彷彿させる美味しさに変わった。あえて、しばし常温解凍してから食べるのもアリだろう。

 サイズは想像していたよりも小さめだったが、この価格でこのクオリティの高さを実現しているのであれば、文句のないコスパだと感じる。

イタリア栗のモンブラン生どら/213円

セブン、“美味すぎて危険な”食品5選…あんこ揚げ食パン、かつおめし、ビーフカレーの画像4

 毎年、秋限定で発売される和洋折衷スイーツ「イタリア栗のモンブラン生どら」が今年も登場した。栗の風味を存分に味わえるモンブランとどら焼きを組み合わせたこの商品は、発売されるたびに好評を博しており、今年もすでにネット上で絶賛の声があがっている。

 最初に舌に触れるどら焼きの生地は軽めでふんわりとしており、卵の味もしっかりと感じられる。食べ進めていくと、甘さ控えめのマロンクリームとホイップクリームがたっぷりと現れ、その味わいはまさにモンブラン。その上質さに思わず拍手を送りたくなる絶品スイーツである。

 大きさのわりに213円と少々値が張るものの、和の風味を感じさせながらもモンブランの味が忠実に再現された贅沢な味わいを踏まえれば、小腹が空いた時のおやつとしては最適だろう。特にモンブラン好きには、ぜひともチェックしていただきたいスイーツである。

あんこが入った揚げ食パン/108円

セブン、“美味すぎて危険な”食品5選…あんこ揚げ食パン、かつおめし、ビーフカレーの画像5

 出勤前にパパっとお腹を満たしてくれる食パンは、忙しい朝の救世主でもあるが、毎朝代わり映えしない味付けになってしまいがちだ。そんな悩みを抱えている方は、一度セブンの「あんこが入った揚げ食パン」で気分を変えてみてはいかがだろうか。こちらは揚げた食パンにあんこを挟んだだけのシンプルな商品なのだが、一部のユーザーには「美味しすぎ危険」と言わせるほどの高評価を獲得している。

 ひと口かじると、甘くてまろやかなあんこの味わいが口いっぱいに“じゅわっ”と広がり、ほどよい満足感を得られるボリューム感もある。108円というリーズナブルさを考えればコスパ抜群といえるだろう。

 ちなみに、自宅で時間に余裕がある際は、食べる前にオーブントースターで軽く焼いてみてほしい。油の重みが緩和されるうえ、揚げたてのように生まれ変わるので、美味しさが一層増すのである。ぜひともお試しいただきたい。

 定番のおむすびやパンやスイーツと、食欲の秋にふさわしいラインナップを幅広く紹介したので、何か琴線に触れるメニューがあったのではないだろうか。この記事を参考にしていただき、今回紹介した数々の商品に舌鼓を打ってほしい。

※2020年9月中旬時点の情報になります。

A4studio

A4studio

エーヨンスタジオ/WEB媒体(ニュースサイト)、雑誌媒体(週刊誌)を中心に、時事系、サブカル系、ビジネス系などのトピックの企画・編集・執筆を行う編集プロダクション。
株式会社A4studio

Twitter:@a4studio_tokyo

セブン、“美味すぎて危険な”食品5選…あんこ揚げ食パン、かつおめし、ビーフカレーのページです。ビジネスジャーナルは、企業、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

23:30更新
  • 企業
  • ビジネス
  • 総合