NEW

「全然疲れてません(嘘)」残り1000mからのムチ連打で目覚めた老兵クランモンタナのハート!小倉記念(G3)は和田竜二騎手が「渾身」の騎乗で勝利も満身創痍?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
160121_keibanikkangj.jpg

 もしかしたら、この馬が近走まったく冴えなかったのは、馬より騎手が先に”根負け”していたからかもしれない。

 7日(日)に開催された小倉記念(G3)。スタートから1000mを通過した頃だった。通過タイムは60.5秒。ペースは速くもないし、特別遅いわけでもない。だが、一頭だけ早くも騎手が激しいアクションを起こしている馬がいた。

 2番手を追走していたクランモンタナである。その鞍上は、和田竜二騎手だ。

 やたらと手綱が動いていると思ったら1200mの辺りではもうムチが入っている。それを見た筆者は勝手に「それも仕方ない」と思っていた。クランモンタナは前走の鳴尾記念(G3)でも、まったくいいところなく13着に大敗しており、ここでも12頭中11番人気。今年で7歳ということもあって、もう脚が残っていないのではと感じていたのだ。

 事実、多くのレースで第3コーナーを前にいち早く騎手の手が動いている馬は、すでに手応えが怪しくなっているものばかりであり、騎手の叱咤も虚しくそのままズルズルと脱落していくのが関の山である。ムチまで入れるのは(連打してるし……)なかなか珍しいが、クランモンタナもそんなよく見る「力が足りない馬」の一頭なのだろう……と思っていた。

 ところが、クランモンタナは2番手の位置をキープしたまま、なかなか脱落しない。いや、それどころか4コーナーを回る頃には、先頭を走っていたメイショウナルトに並びかけているではないか。

 なんと4角先頭で直線に入ったクランモンタナ。ここは直線の短い小倉である。

 向こう正面から追いっぱなしの和田騎手はすでにヘロヘロに見えるが、馬はようやくエンジンが掛かったかのように勢いよく先頭に躍り出ると、そのままベルーフの猛追をしのぎ切ってゴール。7歳にして、区切りの40戦目で待望の重賞初制覇となった。

「全然疲れてません(嘘)」残り1000mからのムチ連打で目覚めた老兵クランモンタナのハート!小倉記念(G3)は和田竜二騎手が「渾身」の騎乗で勝利も満身創痍?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!