NEW

広島カープ優勝は「赤い3枠」のサイン!? 京成杯オータムH(G3)で大穴の「赤ヘル男」が4年連続で馬券圏内中!

【この記事のキーワード】

, ,

0911keiba303.jpg

 10日、広島カープの優勝が決まった。

 25年ぶりの快挙だそうで、なんだかほっこりした気持ちになるが、そんな時節柄と何かと連動するのが競馬だ。優勝に沸く広島の勢いを借りて馬券で一儲けするために、今週は本日の東西両重賞の赤いヘルメット、俗にいう「赤ヘル」に注目したい。

 冒頭で触れたように「25年ぶり」ということで2-5にも警戒が必要だと思ったのだが、幸か不幸か中山で行なわれる京成杯オータムH(G3)の2番アルマディヴァンが出走取消ということで、その線は消えたと考えていいだろう。

 ということは、ストレートに広島カープの「赤」つまりは「3枠」の馬に注目すべきか。

 京成杯オータムHの3枠には、現在2番人気のダノンプラチナ(牡4歳、美浦・国枝厩舎)の姿が。見返りはあまり期待できないが、その分”信憑性”は高そうだ。

 最終追い切りではレースでも手綱をとる蛯名正義騎手を背に、来週のセントライト記念(G2)に出走を予定しているプロディガルサンと美浦の南ウッドコースで併せ馬。5F68.0秒で余裕を残して併入している。2月以来のレースだが、走りを見た限り悪くない。

 見守った国枝調教師も「動きは問題ない。体が減って思うような調教ができなかった昨秋と比べて、体つきもいい。今秋はマイルCS(G1)に行きたい」と目標はまだ先ながら、及第点を与えている。

 ところが、トーンがイマイチ上がってないのが鞍上の蛯名騎手だ。

「ポテンシャルを考えると、現状は70%ぐらいかな……正直、久しぶりかなって感じはある」と、いつも辛いジャッジをする騎手だけに杞憂に終わればいいが、はてさて。しかし、最後は「目指すところはもっと上。ここを見ている馬ではない」と力強く締めくくった。

広島カープ優勝は「赤い3枠」のサイン!? 京成杯オータムH(G3)で大穴の「赤ヘル男」が4年連続で馬券圏内中!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!