NEW

凱旋門賞「斤量変更」報道もまったく意味なし!? 近年の「極端な傾向」を考えればマカヒキ&サトノDにも恩恵薄か

【この記事のキーワード】, ,
gaisenmonshou2013.jpg競馬つらつら」より

 競馬の世界最高峰・仏凱旋門賞(G1)の「斤量」が変更されることが1日、明らかになった。

 凱旋門賞の斤量に関する変更は、現状明らかな情報で以下の通りである。

○3歳牝馬54.5kg
●3歳牡馬56.0kg→56.5kg
○4歳以上牝馬58.0kg
○4歳以上牡馬59.5kg

 上記の通り、「3歳牡馬」の斤量が0.5kg増量となり、古馬との差が小さくなることが決まった。昨年9月にヨーロッパパターン競走委員会が発表した馬齢重量基準の見直しに沿い、過去6年のデータ集計の結果ということのようだ。

 これで、今年凱旋門賞挑戦を明言しているサトノダイヤモンドやマカヒキといった「4歳以上牡馬」にとっては「3kg」の斤量差で若駒たちと凱旋門賞を戦うことができるわけだが……。

 これをそのまま「朗報」と受け取るファンの声が少ないのは、ある意味当然か。

 過去10年で考えれば、凱旋門賞を今回の変更対象である「3歳牡馬」が勝利したのは3回、「3歳牝馬」が3回、「4歳以上牡馬」が1回、「4歳以上牝馬」が3回となっている。牡牝という区別でいけば「4:6」と、凱旋門賞においては牝馬優勢、ここ5年では牝馬が4勝という状況である。

 仮に3歳牡馬の斤量が上がっても、現在の凱旋門賞で優位に立つ牝馬の斤量が変わらなければ意味がないのでは、という声は多い。もともと3歳牝馬と4歳以上牡馬の斤量差「5キロ」があまりに大きいのではという声はあっただけに、こうした反応も自然かもしれない。

凱旋門賞「斤量変更」報道もまったく意味なし!? 近年の「極端な傾向」を考えればマカヒキ&サトノDにも恩恵薄かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声