NEW

フィリーズレビュー(G2)で結果が欲しい!重賞勝ちの実績馬に注目

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keiba0414.jpg

 牝馬クラシックの始まりとなる桜花賞(G1)。そのトライアルレースとなるフィリーズレビュー(G2)が阪神競馬場の芝1400mで行われる。3着までには桜花賞の優先出走権が与えられるとあって、月曜日の段階でなんと25頭が出走登録。何としても出走権を手にしたい現時点での1勝馬による熾烈な争いと、すでに重賞勝ちをしている実績馬による白熱したレースが見どころとなりそうだ。

 小倉2歳S(G3)勝ちのレーヌミノル(牝3、栗東・本田厩舎)は実績面で1枚上の存在で、中心視すべきところ。前走のクイーンC(G3)では4着、前々走の阪神JF(G1)では3着と好走しており、重賞でも通用する力は十分にある。クイーンC、阪神JFはどちらも1600mのレース。距離短縮となる今回は持ち前のスピードを発揮できそうだ。最低でも3着以内を確保して桜花賞への出走権を獲得し、すでに本番への出走権を手にしているライバル達に後れを取るわけにはいかない。

 デイリー杯2歳S(G2)を3連勝で制したジューヌエコール(牝3、栗東・安田厩舎)も実績十分な1頭だ。期待されて臨んだ前走の阪神JF(G1)では11着と大きく負けてしまったが、直線の手前で他馬と接触してしまい競馬になっていなかったことが敗因だろう。レース後は馬体への影響が心配されていたが、特に異常はなく休養も十分とれたとのこと。ここで結果を出し、下がってしまった評価を挽回したい。

 前走は意外なダート交流重賞の兵庫ジュニアグランプリ(G2)を選択したアズールムーン(牝3、美浦・斎藤厩舎)は、芝のレースに戻ってくる。姉のエスメラルディーナがダートで良績を残していることからの挑戦だったが、結果は5着と振るわなかった。牝馬としては珍しい500㎏を超える大型馬で、阪神の急坂を苦にしないパワーを秘めていそう。アネモネS(OP)への出走と両にらみとなっているが、出走することになれば面白い存在となりそうだ。

フィリーズレビュー(G2)で結果が欲しい!重賞勝ちの実績馬に注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!