NEW

キタサンブラック×武豊コンビにも不可能な「珍記録」? 1984年グレード制導入以来「史上初」の快挙へ向けてアンビシャスが大阪杯連覇に挑む!

【この記事のキーワード】

, ,

anbishasuxs.jpgアンビシャス(競馬つらつらより)

 仮にこの馬が優勝すれば、日本競馬の長い歴史のなかでも初の快挙が達成されることになる。

 今週末に開催予定の新G1・大阪杯。キタサンブラックをはじめ中距離路線の猛者が揃ったなかに、昨年の覇者アンビシャス(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)もしっかりと出走登録を済ませている。

 重賞初制覇となった一昨年のラジオNIKKEI賞以来、2年の間1800~2000mを主戦場に活躍してきた同馬。だが未だにG1タイトルはゼロのままだ。掲示板には2度載った経験があるものの、なかなか勝ち切るまでいかないのが歯がゆいところである。

 しかし今回は、昨年にキタサンブラックを制した絶好の舞台。加えて阪神内回り芝2000mは牡馬の出走可能な重賞が年に2度しかないため、コース適性が保証されているアンビシャスは相対的に有利な立場にある。初のG1制覇にはまさにおあつらえ向きだろう。

 さらにアンビシャスが優勝すれば、1984年のグレード制導入以来「史上初」となる快挙達成のおまけがついてくることも、ささやかながら見逃せないポイントだ。

 快挙の内容は「G2→G1昇格前後での連覇達成」という珍記録。要するに、今日本に存在するG1のうち、G2から昇格したレースのなかで、昇格前後の連覇を成し遂げた馬は過去に1頭たりともいなかったということなのだ。

 少しわかりにくい話なので、実際の例を出して説明していこう。まず日本競馬の歴史を振り返ると、グレード制導入の際にG1競走に指定されたのは、格式が高いとされたいわゆる8大競走(東京優駿、皐月賞、菊花賞、桜花賞、優駿牝馬、天皇賞・春、天皇賞・秋、有馬記念)。それにジャパンC、宝塚記念、エリザベス女王杯、安田記念、マイルCS、さらに現代でいう2歳G1の朝日杯3歳S&阪神3歳Sを加えた15レースだ。

 その後、1990年にはそれまでG2だったスプリンターズSがG1に昇格。番組改編のあった1996年には高松宮記念(当時の名称は『高松宮杯』)が格上げされ、以降は紆余曲折を経て、現在のG1の総数は24まで増加している。

 過去に下の格付けからG1に昇格したのは、前述のスプリンターズS、高松宮記念、そしてダートグレード競走発足の際に昇格を果たしたフェブラリーSの計3レース※。それぞれの昇格前後の優勝馬を並べると、以下のようになる。

キタサンブラック×武豊コンビにも不可能な「珍記録」? 1984年グレード制導入以来「史上初」の快挙へ向けてアンビシャスが大阪杯連覇に挑む!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!