NEW

巨人菅野智之「超失礼コメント」で大ヒンシュク!? 楽天に「めった打ち」でチーム状態最悪を露呈し、いよいよ「Bクラス」の影

【この記事のキーワード】

, ,

巨人菅野智之「超失礼コメント」で大ヒンシュク!? 楽天に「めった打ち」でチーム状態最悪を露呈し、いよいよ「Bクラス」の影の画像1

 30日に開幕したプロ野球のセ・パ交流戦。例年パ・リーグがセを圧倒することで知られるシリーズだが、今年の初戦はセ3勝パ3勝の五分でスタート。今後どうなっていくだろうか。

 そんな中、初戦でもっとも大きな注目を集めたのが、Koboパーク宮城で行われた楽天VS巨人。パの首位をひた走る楽天と波に乗り切れない球界の盟主の対決として、楽天優位が囁かれていた。ただ、巨人の先発はここまで6勝1敗、防御率1点台の絶対的エース・菅野智之。どんな試合になるか注目されていたのだが……。

 結果は13-5で楽天が猛打爆発の圧勝劇。菅野は5回を投げ被安打10の8失点でノックアウト。ここまでほぼ完璧な投球を続けてきたエースの大乱調に巨人ベンチもショックを隠せない様子だった。

 菅野は1回~3回まで2点ずつを取られイマイチムード全開。初回にいきなり4番ウィーラーにツーランホームランを打たれたショックを引きずっているようだった。その後も本来の投球を取り戻すことなく、5回に8番藤田にツーランホームランを打たれて万事休す。その後も打ち込まれた巨人は4位転落となった。

 まさに「めった打ち」という様相だったが、パ・リーグの首位を行く楽天の勢いが本物である点、菅野が最高の出来でなかった点がうまくぶつかってしまったのは間違いないだろう。ただ、それでも「球界を代表する球団のエース」としてはあまりにもあんまりな結果だった。

巨人菅野智之「超失礼コメント」で大ヒンシュク!? 楽天に「めった打ち」でチーム状態最悪を露呈し、いよいよ「Bクラス」の影のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事