NEW

JRA騎手の「エゴサーチ」事情!? 一喜一憂の福永祐一騎手と「大人の対応」四位洋文騎手

【この記事のキーワード】, ,
JRA騎手の「エゴサーチ」事情!? 一喜一憂の福永祐一騎手と「大人の対応」四位洋文騎手の画像1

 ネット上で自分の名前を検索し、世間の評判を自ら調べる「エゴサーチ」。これを行い、自身の評価に一喜一憂する有名人たちも多い。

 そして競馬界、特に騎手もやはり自身のネット上での評価を気にする人はいる。人気ジョッキーである福永祐一騎手もよくネットの意見を気にして落ち込んだり腹を立てたりするそうだ。そんな中、また新しくエゴサーチをしているという騎手が見つかり、話題となっている。四位洋文騎手だ。

 四位騎手は「netkeiba.com」に連載されている藤岡佑介騎手の対談企画「with 佑」に登場。ひとしきり競馬談義に花を咲かせ最後に、ネット上での自身の評価を見ていることを明かした。

 さらに藤岡騎手からのエゴサーチをしているのかという問いに対して「どう乗っても批判される仕事やから。お金が掛かってるしね。だから、どんな意見を見ても、あんまりムカッとはこない」と”大人な対応”を心掛けていると語った。

 この記事を読んだネットユーザーたちは、「(netkeiba.comにある)スワーヴリチャードの掲示板とか見てるのかな」と閲覧ページの予想をする者や「実は書き込んでいたらどうする?」と掲示板にコメントを残しているのではないかと予想する者が出てくるなど大いに盛り上がっているようだ。

 匿名性が高いネット上では、しばし騎手に対してヒドすぎる誹謗中傷が飛び交うこともある。一昨年前にJRAから引退を発表した藤田伸二氏は、現役時代に自身のブログに誹謗中傷のコメントが幾度も書かれ激怒。法的手段にまで打って出ると息巻いたこともあった。その例もあるためか、ネットの評価を見ないという騎手も多い。

 そんな中、「どう乗っても批判される仕事」と割り切ってネット上の評価を見ている四位騎手は比較的珍しい存在だ。ファンからしても、自分の書き込んだコメントを四位騎手本人が目にしていると思うとうれしいことなのかもしれない。

 なにかと問題になることも多いネット上に存在する掲示板だが、四位騎手にとってはある意味欠かせない存在になっているのかもしれない。

JRA騎手の「エゴサーチ」事情!? 一喜一憂の福永祐一騎手と「大人の対応」四位洋文騎手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?