NEW

【帝王賞(G1)展望】武豊騎手、今年はアウォーディーで”連覇”なるか!?「G1馬6頭」を含む最強メンバーが終結した「ダート最強決定戦」が開幕!

【この記事のキーワード】, ,
【帝王賞(G1)展望】武豊騎手、今年はアウォーディーで連覇なるか!?「G1馬6頭」を含む最強メンバーが終結した「ダート最強決定戦」が開幕!の画像1

 28日には、大井競馬場で第40回の節目を迎える帝王賞(G1)が開催される。昨年は武豊騎手騎乗のコパノリッキーが、かしわ記念に続くG1連勝。続く南部杯(G1)も勝利して3連勝を飾った。

 今年はそのコパノリッキーこそ不在だが、昨年を含め帝王賞5勝を誇る武豊騎手は健在。昨年のJBCクラシック(G1)の覇者アウォーディー(牡7歳、栗東・松永幹夫厩舎)とのコンビで連覇を狙う。

 昨年はコパノリッキーとの頂上決戦といわれたJBCクラシックを6連勝で制し、ダート最強馬の座に上り詰めたアウォーディー。しかし、その後のチャンピオンズC(G1)でサウンドトゥルーに足をすくわれると、年末の東京大賞典(G1)でもアポロケンタッキーの台頭を許してしまう。

 能力こそ現役トップクラスであることは間違いないが、抜け出すのが早すぎるとソラを使うなど難しい面が目立ち始めており、武豊騎手も手を焼いているようだ。

 しかし、前走のドバイワールドカップ(G1)では世界の強豪相手に5着と、改めて高い能力を示したアウォーディー。やはり国内では力の抜けた存在であり、ここで再びライバルたちをねじ伏せ、長期政権の足場を築きたいところだ。

 そのアウォーディーを東京大賞典で破りG1初制覇を飾ったのが、進境著しいアポロケンタッキー(牡5歳、栗東・山内研二厩舎)だ。

【帝王賞(G1)展望】武豊騎手、今年はアウォーディーで”連覇”なるか!?「G1馬6頭」を含む最強メンバーが終結した「ダート最強決定戦」が開幕!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  4. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  5. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  6. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  7. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  8. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」