NEW

函館記念(G3)サトノアレスのハンデに他陣営から「恵まれすぎ」の声!? 万全を期す2歳王者唯一の「死角」は名門・藤沢和雄厩舎の「最悪相性」?

【この記事のキーワード】, ,

 54kgのハンデで恵まれた感はあるが、それでもJRAのハンデキャッパーは前走の巴賞で勝ち馬とクビ差の接戦を演じたアングライフェンを1kg減、そこから3/4馬身差の3着だったナリタハリケーンを2kg減としたものの、勝ったサトノアレスはそのまま据え置きと、その実力を認めているようだ。

 同厩で今年の日本ダービー馬レイデオロが休み明けの皐月賞(G1)で惨敗した後、叩き2走目のダービーで鮮やかな変身を見せたように、サトノアレスの叩き2走目にも大きな上積みが期待できるかもしれない。

 今年の3歳馬の実力を見せつける意味でも、世代の先陣を切って古馬重賞に挑む2歳王者。ハンデにも恵まれ、一見死角はなさそうだが、実はサトノアレスを管理する名門藤沢和雄厩舎に「死角」が隠されているようだ。

 今年、初参戦から28年の時を経て、悲願の日本ダービー制覇を成し遂げた藤沢和雄厩舎。この春は史上初のオークス(G1)との牡牝ダブル制覇の快挙を成し遂げるなど、まさに「名門復活」を遂げた印象がある。

 しかし、念願の日本ダービーを射止めた藤沢和雄厩舎をもってしても、未だフラれ続けているレースがある。それこそがサトノアレスが挑む今週の函館記念だ。それも目を覆いたくなるような、名門らしからぬ惨敗ぶりである。まずは下記をご覧いただきたい。

函館記念(G3)サトノアレスのハンデに他陣営から「恵まれすぎ」の声!? 万全を期す2歳王者唯一の「死角」は名門・藤沢和雄厩舎の「最悪相性」?の画像2

 上記はここ10年間の藤沢和雄厩舎における函館記念の成績だが、ご覧の通りの7連敗中。厩舎の函館記念も未勝利となる。それも大半が人気を背負って惨敗となり、上位人気が予想されるサトノアレスには不吉な傾向といえる。

函館記念(G3)サトノアレスのハンデに他陣営から「恵まれすぎ」の声!? 万全を期す2歳王者唯一の「死角」は名門・藤沢和雄厩舎の「最悪相性」?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由