NEW

【札幌記念(G2)展望】衝撃の武豊降板! C.ルメール騎手とコンビを組む「新生」エアスピネルが、「2000mの鬼」ヤマカツエースに挑む

【この記事のキーワード】, ,
【札幌記念(G2)展望】衝撃の武豊降板! C.ルメール騎手とコンビを組む「新生」エアスピネルが、「2000mの鬼」ヤマカツエースに挑むの画像1

 昨年は当時の現役最強馬モーリスの参戦に沸き、ネオリアリズムのセンセーショナルな重賞初制覇に揺れた札幌記念(G2)。近年は、毎年のようにG1昇格が期待される”真夏の祭典”に今年も興味深いメンバーが集った。

 ディフェンディングチャンピオンの直前回避は衝撃をもたらしたものの、注目は何といってもC.ルメール騎手を新パートナーに迎えたエアスピネル(牡4歳、栗東・笹田和秀厩舎)だろう。

 3歳クラシックを4、4、3着で走り抜けたエアスピネル。古馬になってマイル路線を歩むこととなり、いきなり年明けの京都金杯(G3)を勝つなど幸先の良いスタートを切ったが、その後は元の”善戦マン”に逆戻り。結局、春の目標だった安田記念(G1)も5着で終えて休養に入っていた。

 本馬にとって正念場となる秋を迎えるにあたって、陣営は「2つ」のテコ入れを決断。1つは今回の札幌記念参戦が示すように、もう一度中距離を使うということ。そして、もう1つが主戦・武豊騎手の降板だ。

 デビュー戦から、ここまで12戦すべてで手綱を執ってきた武豊騎手。母エアメサイアのキャリアすべてで騎乗した武豊騎手だが、奇しくも母と同じ12戦を経たところで無念の降板となった。新パートナーのルメール騎手が、どういった新味を見せてくれるのか注目の一戦となりそうだ。

 その一方で、最も人気になりそうなのは2000mの鬼ヤマカツエース(牡5歳、栗東・池添兼雄厩舎)だろう。

【札幌記念(G2)展望】衝撃の武豊降板! C.ルメール騎手とコンビを組む「新生」エアスピネルが、「2000mの鬼」ヤマカツエースに挑むのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  6. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  7. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく