NEW

コパノリッキー武豊「G1競走10勝」狙ってマイルCS南部杯参戦! 昨年騎乗しなかったのはキタサンブラックのせい

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コパノリッキー武豊「G1競走10勝」狙ってマイルCS南部杯参戦! 昨年騎乗しなかったのはキタサンブラックのせいの画像1

 今春のかしわ記念(G1)を制し、G1競走9勝目をあげたコパノリッキー(牡7 栗東・村山厩舎)が、10月9日盛岡競馬場で開催されるマイルCS南部杯(G1)に出走することがわかった。

 すでに7歳と大ベテランの域に入ったコパノリッキーだが、その実力はいまだ衰え知らず。前走ではこれまで見せたことのない「差し」の競馬でインカンテーションやモーニンら強豪を圧倒。ここへきて進化した姿を見せるなど、潜在能力の高さは計り知れないものがある。

 今年の南部杯でコパノリッキーの手綱を握るのが、武豊騎手だ。コパノリッキー自身は昨年も同レースを制してはいるが、昨年の鞍上は田辺裕信騎手だった。

「昨年の南部杯は同日、京都競馬場で京都大賞典が開催されており、同じく武騎手が主戦を務めるキタサンブラックが出走し、武騎手はそちらをチョイスしました。結果的にその秋、キタサンブラックはジャパンCを制するなど大活躍、年度代表馬にも選出されています。今年はそうしたバッティングはないので、スムーズにコパノリッキーに騎乗ということ。Dr.コパ氏に北島三郎氏、有名人馬主に大人気の武騎手です」(記者)

 さすがは競馬界の生ける伝説。有名人馬主としてはスターに手綱を託したいということなのかもしれない。

 また、今年の南部杯では、コパノリッキー「大記録タイ」への期待もなされている。

 コパノリッキーが南部杯を今年勝利した場合、G1競走勝利数は「10」と2ケタの大台に乗る。交流G1含めこの記録を有しているのは、昨年引退したダート王ホッコータルマエのみ。偉大な先達の記録に、コパノリッキーが挑むというわけだ。

 ホッコータルマエが記録を作った馬齢と同じく7歳のコパノリッキー。武騎手の手綱で新たな伝説を残すか否かに注目が集まる。

コパノリッキー武豊「G1競走10勝」狙ってマイルCS南部杯参戦! 昨年騎乗しなかったのはキタサンブラックのせいのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!