NEW

竜王×白雪姫!? 注目の白毛馬ハウナニはレースでもファンを魅了?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
竜王×白雪姫!? 注目の白毛馬ハウナニはレースでもファンを魅了?の画像1

 シラユキヒメ一族の”白馬”がまた1頭デビューする。

 今年ファンの前に登場するのはハウナニ(牝2歳、美浦・手塚貴久)。ハワイの言葉で「美しい雪」という馬名を持つ同馬は、内田博幸騎手を鞍上に迎えて来週の3日(土)新潟競馬場のダート1200mへの出走を予定している。

 ハウナニは2010年のTCK女王盃などダートグレード3勝を誇るユキチャンの3番子。父馬は種牡馬初年度産駒たちが次々に活躍している短距離王・ロードカナロアだ。

 ハウナニは6月2日に美浦の手塚厩舎に入厩、15日にはゲート試験に一発合格している。同日にはフランケル産駒で、デビュー戦では目覚ましいスタートダッシュを決めたタニノフランケルもいたそうだ。

 誰もが目を奪われる美しさを誇るハウナニだが、馬体はすでに500kg超え。「デイリースポーツ」によれば、美浦のウッドコースで内田騎手を背にOP馬のマイネルスフェーンとデビュー1週前リハを行ったという。その際、内田騎手は「パワータイプでいい走り」と振り返ったと伝えられている。

「もともとハウナニは、素質はユキチャン産駒No1と評価されていました。ユキチャンは芝でも勝利を上げていますが、ダートでの成績のほうがいいことで知られています。馬体が大きくパワータイプというのは好材料ではないでしょうか。またユキチャン産駒は、これまで父馬キングカメハメハのポリアフと父馬がハービンジャーのシロインジャーがいます。ですが、ポリアフは1勝、シロインジャーは未勝利でそれぞれ引退しており、好成績を残しているとは言い難いです。また半弟にはヨハネスブルグ、ノヴェリストなどをつけているため、まだ種牡馬を模索しているよう。このハウナニが成功すれば、このままロードカナロアと掛け合わせ続けられるかもしれませんね」(記者)

 現在、シラユキヒメ一族の一番の出世頭といえば、ハウナニの叔父にあたるシロニイが挙げられるだろう。前走では1000万下の天草特別で2着と惜しいレースを見せた。次走は9月3日に小倉競馬場で行われる西日本スポーツ杯を予定しているという。

 場所と時間は違うものの、同日にレースに登場することになったハウナニとシロニイ。2頭ともに、白毛という容姿ではなく、その走りでファンを魅了してもらいたいものだ。白馬の一族に期待したい。

竜王×白雪姫!? 注目の白毛馬ハウナニはレースでもファンを魅了?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!