NEW

武豊が「騎乗数激減」の衝撃!? 今週、騎乗依頼わずか「2鞍」……しかし理由は”キタサンショック”ではない?

【この記事のキーワード】, ,
武豊が「騎乗数激減」の衝撃!? 今週、騎乗依頼わずか「2鞍」......しかし理由はキタサンショックではない?の画像1

 騎手の祭典ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)で盛り上がる今週末の競馬だが、その一方で3年連続のWASJ参戦となる武豊騎手の騎乗馬が少ないことが話題になっている。

 今週の武豊騎手はWASJ参戦となるため土日共に札幌で騎乗するが、その騎乗数は土日含めて6鞍。それも、その内4鞍はWASJで抽選された馬の騎乗となっているため、実質的に直接依頼があり、武豊騎手が騎乗するのはわずか2鞍ということになる。

 先週、ダイアナヘイローで北九州記念(G3)を制したものの、本人が「もう一度獲りたい」と公言しているリーディング争いでは、トップを独走する戸崎圭太騎手に”ダブルスコア”をつけられている状況。今年も2008年を最後に遠ざかっているリーディングの座は、今年も絶望的といえるだろう。

 もっとも今の武豊騎手に全盛期の勢いがないことは確実で、特に最近は人気馬を馬券圏外に飛ばすシーンも目立っている。春競馬を締めくくる宝塚記念(G1)で大本命キタサンブラックを飛ばしてしまったこともあって、ネット上では「ついに干され始めたか」と囁かれたり、今週はWASJで札幌にトップジョッキーが集まっていることから「今のユタカなら、こんなもんだよ」と騎乗馬が集まらないのも当然という見向きもあるようだ。

 とはいえ、先週が土日で17鞍、先々週も18鞍の騎乗を確保していた武豊騎手。競馬界のレジェンドたる人気と実力は未だ健在だ。しかし、それだけに今週の「騎乗数激減」は気になるところだろう。昨日の3鞍も13着、14着、10着とまったく良いところなく敗れている。

「今週の武豊騎手の騎乗数が少ないのは、札幌に行く予定がなかったからだと思いますよ。というのも、武豊サイドは今年のWASJに出場できないと考えていたからではないでしょうか」(競馬記者)

 リーディングで3位以内に入っていない武豊騎手が今年WASJに出場できたのは、昨年と同じく審査員による特別推薦枠となる。それも昨年はデビュー30周年であり、キタサンブラックだけでなく、米国三冠挑戦のラニやイスパーン賞のエイシンヒカリなど国内外で顕著な活躍があり、いわば特別枠での出場濃厚といった状況だった。

武豊が「騎乗数激減」の衝撃!? 今週、騎乗依頼わずか「2鞍」……しかし理由は”キタサンショック”ではない?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  4. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  5. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  6. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  7. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  8. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」