NEW

W杯韓国「超一流言い訳」で不調をファンのせいに!? 本大会出場以前にモラルが……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
W杯韓国「超一流言い訳」で不調をファンのせいに!? 本大会出場以前にモラルが......の画像1

 サッカー日本代表は31日のオーストラリア戦を2-0で完勝し、6大会連続6度目のW杯出場を決めた。

 浅野、井手口のここぞのゴールで勝利を手にした日本。新時代の到来を告げるとともに、2大会ぶりの本大会決勝トーナメント進出に関してもすでに大きな期待をかけられている状況だ。何にせよめでたい。

 その一方、あの「永遠のライバル」は出場に黄信号の状況だ。

「大混戦のグループAですが、イランがすでに1位通過を確定させています。2位の韓国が勝ち点14、ウズベキスタン12、シリアの勝ち点12で、次の韓国対ウズベク、イラン対シリアの結果いかんでは韓国敗退の可能性も。日本にとって永遠のライバルといえる存在ですが、窮地に立たされているのです」(記者)

 今大会は日本も初戦を落とし混戦の只中に入るなど、アジア最終予選全体のレベルの拮抗が見られているが、過去W杯ベスト4の実績がある韓国も例外ではないようだ。

 パク・チソンらを擁して一時代を築いた後は、低迷を続けている印象の韓国。その焦燥感を選手たちも感じているのか、31日スコアレスドローに終わった韓国対イラン戦の終了後、韓国代表DFキム・ヨングォンが発した一言が物議を醸している。

「イラン戦は韓国のホームでしたが、試合後『トレーニングで戦術の詳細な部分を合わせたけど、歓声があまりにも大きすぎて意思疎通が取れず、トレーニングした部分を出せなかった』と発言。ホームの大声援をまるで『迷惑扱い』とは恐れ入りました。批判が殺到しています」(同)

W杯韓国「超一流言い訳」で不調をファンのせいに!? 本大会出場以前にモラルが……のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!