NEW

キタサンブラックは重馬場より「埒」に不安? 天皇賞・秋の「逃げ・先行戦績」に不安も、勝負を決めるのは”一瞬”か

【この記事のキーワード】, ,
キタサンブラックは重馬場より「埒」に不安? 天皇賞・秋の「逃げ・先行戦績」に不安も、勝負を決めるのは一瞬かの画像1

 29日に行われる天皇賞・秋(G1)の前日オッズにおいて、キタサンブラック(牡5 栗東・清水厩舎)が3.0倍1番人気となった。

 現役で残るはあと3戦。その緒戦を華々しく飾りたいものだが、やはり状態面への不安は拭えない。これまでのような超がつくハード調教はなりを潜め、宝塚記念惨敗の本当の理由も闇の中だ。天皇賞・春の激走反動、ノド鳴り説なども浮上してはいるが、どれも真実は闇の中だ。

 ただ、不安なのは状態面だけではない。『枠』の部分でも不安はあるのだ。

「4枠7番に入ったキタサンブラックですが、同馬は『埒に頼らないと走れない』という説が以前から浮上しています。宝塚記念も慣れない10番枠で、行き脚もイマイチで外を周る展開で敗れました。

これまでのキャリアで1枠1番が非常に多く、それ以外でも内目に入ることが多かったことはみなさんもご存知でしょうが、度重なる『クジ運』が癖をつけてしまった可能性も……。

ただ、4枠は歴代の成績もいい枠ですし、ロードヴァンドールとネオリアリズムを除けば、それほど前に行きたがる馬やインコースにこだわる馬は少ない状況。スタートさえしっかり決まればインに入ることも十分可能でしょう。最初が肝心ですね」(記者)

キタサンブラックは重馬場より「埒」に不安? 天皇賞・秋の「逃げ・先行戦績」に不安も、勝負を決めるのは”一瞬”かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか