NEW

キタサンブラック「北島三郎オーナー指令」でスパルタ復活? 有終の美へ、有馬記念向け「スペシャル調教」が?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キタサンブラック「北島三郎オーナー指令」でスパルタ復活? 有終の美へ、有馬記念向け「スペシャル調教」が?の画像1

 26日のジャパンC(G1)で、3着に敗れたキタサンブラック(牡5 栗東・清水厩舎)。レース後には左前脚の落鉄が判明するなど残念な部分もあったが、差し切ったシュヴァルグラン、レイデオロを褒めるべきだろう。

 残るはあと1戦。年末のグランプリ有馬記念後に引退となる。「秋3連勝」を掲げた陣営だが、やはりそうそう甘いものではなかった。しかし、「大団円」に向けて、万全の準備を施すことには変わりないだろう。

 そして、同馬を現役最強にまで育て上げた立役者、清水久詞調教師は、この有馬記念に「最高の状態」のキタサンブラックを披露すると宣言している。

「脚元を確認して、仕切り直しですね。次は最後なので、思いっきり仕上げます」

「競馬ラボ」の取材で、こう応えた清水調教師。「思いっきり仕上げる」という言葉に、ファンも「ついにこの時がきたか」と沸いている。

「清水調教師は、栗東屈指のスパルタトレーニングで知られており、キタサンブラックはその申し子といえる存在。この春は1日3本の坂路調教を敢行し話題にもなりました。2本やる厩舎も稀な中での坂路3本乗りに『オーバーワークではないか』という声もあり、識者やメディアの間では様々な議論になりました。この秋は『もう完成の域』という理由でハード調教をしていませんでしたが、どうやら”復活”するようですね。

キタサンブラック「北島三郎オーナー指令」でスパルタ復活? 有終の美へ、有馬記念向け「スペシャル調教」が?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!