NEW

「ユニバーサル」新機種登場「パチンコ事業撤退」岡田和生氏発言の余波…… 「損害賠償請求」など未だ続く心配の数々

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ユニバーサル」新機種登場「パチンコ事業撤退」岡田和生氏発言の余波...... 「損害賠償請求」など未だ続く心配の数々の画像1

 パチスロメーカー最大手ユニバーサルエンターテインメント(以下、ユニバーサル)が今月15日、新機種『CRバジリスク~甲賀忍法帖~弦之介の章』『コンチネンタルゼロ』の発表会を開催し、ファンの間で大きな盛り上がりを見せている。

 今回発表された2機種は同社が誇る看板コンテンツ。「バジリスク」シリーズといえば、『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』『バジリスク~甲賀忍法帖~II』など、パチスロ機としてホールの主軸機種で活躍してきた人気シリーズ。ただ、今回は同社シリーズ初のパチンコ機での登場だ。

 スペックは、大当り確率1/319.6のST機。ST突入率は80%継続100回となっており、全ての大当たり終了後に100回の時短が付与される仕様。右打ち時50%で2000発を超える瞬発力ある出玉性能が楽しめる仕様である。

 一方で、「コンチネンタル」は1990年に初めて登場した、歴史ある同社のオリジナル機種の1つ。これまで8機種が登場、5号機では2012年販売の『コンチネンタルV』以来の後継機となる。前作はART機だったが、今作では完全告知のノーマル機。BIGボーナス312枚、レギュラーボーナス最大104枚と馴染み深い仕様となっており、遊びやすさを追求した1台といえるだろう。

 そんな同社が誇る”2大看板機種”の登場はファンにとって朗報といえる。だが、”会社自体”で見ると決して良い話ばかりではないようだ。

 それが、昨年報じられたユニバーサル創業者元会長岡田和生氏が起こしたあの騒動である。

「ユニバーサル」新機種登場「パチンコ事業撤退」岡田和生氏発言の余波…… 「損害賠償請求」など未だ続く心配の数々のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!