NEW

JRA「春のマイル王」モズアスコットに不安要素!? 安田記念勝ち馬に立ちはだかる「春秋統一マイラー」の高き壁

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「春のマイル王」モズアスコットに不安要素!? 安田記念勝ち馬に立ちはだかる「春秋統一マイラー」の高き壁の画像1

「絶対にパワーアップしたと思います」

 ハイレベルな大混戦の様相を呈している今年のマイルチャンピオンシップ(G1)だが、どうやら「主役」は決まったのかもしれない。春のマイル王モズアスコット(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が15日、栗東の坂路で最終追い切りを行い4ハロン51.5秒、ラスト12.0秒の好時計を記録。手綱を執った絶好調男C.ルメール騎手は、大きな手応えを感じている。

「すごくいい感じだった。自分からよく動いていたし、時計も出た。フットワーク、息遣いも問題ない。絶対にパワーアップしたと思います」

 21世紀世界最強マイラーと評されるフランケルを父に持つ大器が、充実の時を迎えている。見守った矢作芳人調教師も「52秒くらいを予定してたんだけど、思った以上の動き。一切無理はしてないので問題ないでしょう」と本馬の成長に目を見張っているようだ。

「大きく変わったというわけではないですが、春の安田記念(G1)を勝ってG1馬になったことを馬も理解しているのか、この秋になって王者の風格のようなものが出てきましたね。

普段の歩様も堂々としたものですし、足をすくわれた前走のスワンS(G2)からは明らかに上昇していると思います。以前は1400mの方が向いているという声もありましたが、落ち着きが出てきた今ならマイル戦の方がより良さが出そうな気もしますね」(競馬記者)

 陣営も「以前は追い切り後にカイバを食べなくなることがありましたが、今はそういう面も改善されている」と、内面的な成長に手応えを感じている。史上7頭目の同一年春秋マイル王の座へ、まずは悔いのない状態で挑めそうだ。

 ただ、決して死角がないわけではない。

JRA「春のマイル王」モズアスコットに不安要素!? 安田記念勝ち馬に立ちはだかる「春秋統一マイラー」の高き壁のページです。GJは、競馬、JRAマイルCSモズアスコットの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!