NEW

JRA田辺裕信騎手「不完全燃焼」にアンカツも苦言......ジェネラーレウーノ得意の中山で繰り返された"負けパターン"に乗り替わりの声も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA田辺裕信騎手「不完全燃焼」にアンカツも苦言......ジェネラーレウーノ得意の中山で繰り返された負けパターンに乗り替わりの声もの画像1

「いい感じで競馬はできましたが、決め手勝負になるとツラいですね......」

 20日に中山競馬場で行われたAJCC(G2)は、7番人気の伏兵シャケトラが約1年ぶりのレースで復活の勝利。単勝1.7倍の圧倒的1番人気に推されたフィエールマンは、ゴール前で勝ち馬を追い詰めたもののアタマ差の2着となんとか格好をつけた。

 しかし、その一方で「打倒フィエールマン」の筆頭として2番人気に推されながらも4着に敗れたジェネラーレウーノ(牡4歳、美浦・矢野英一厩舎)の主戦・田辺裕信騎手には、レース後にファンから不満の声が多数聞かれたようだ。

 陣営が事前に「スローの瞬発力勝負だと分が悪い」と語っていた言葉は一体何だったのか......そう思わざるを得ないほど、この日のジェネラーレウーノはまたも同じような敗戦を繰り返してしまった。

 1枠1番という絶好枠から好スタートを決めたジェネラーレウーノ。そのまま先頭に立つかと思われたが、外からステイインシアトルがハナを主張したため2番手からの競馬となった。過去に中山で重賞を勝った際は、ともに2番手からの競馬。ここまでは順調に思われたが、問題は1000m通過が62.2秒とまったくペースが上がらなかったことだ。

「切れ味勝負で分が悪いことは陣営も折り込み済みだっただけに、向正面でペースが落ち着いたときに自ら動きたかったですね。レース後、田辺騎手も『早めに動いたつもりはあるんですが......』と語っていましたが、結果だけを見ればそれでも動くのが少し遅すぎたのかもしれません。

最後の上がり3ハロン自体は34.9秒と、この馬も同舞台のセントライト記念(G2)以上の脚を使っており、決して止まってはいません。ですが、勝ったシャケトラやフィエールマンに34秒台前半の脚で上がられては万事休す......。菊花賞(G1)と同じように、またもキレ負けという形で敗れてしまいました」(競馬記者)

JRA田辺裕信騎手「不完全燃焼」にアンカツも苦言......ジェネラーレウーノ得意の中山で繰り返された"負けパターン"に乗り替わりの声ものページです。GJは、競馬、JRAジェネラーレウーノ田辺裕信の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!