NEW

JRA大阪杯(G1)惨敗ブラストワンピース「凱旋門賞」白紙か......「オルフェーヴル級」池添謙一騎手の"過信"大外ぶん回しに批判の声

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA大阪杯(G1)惨敗ブラストワンピース「凱旋門賞」白紙か......「オルフェーヴル級」池添謙一騎手の過信大外ぶん回しに批判の声の画像1


 31日に阪神競馬場で行われた大阪杯(G1)は、9番人気のアルアインが優勝。アルアインにとっては一昨年の皐月賞(G1)以来となる2つ目のビッグタイトル。鞍上の北村友一騎手にとっては嬉しいG1初制覇となった。

 その一方、1番人気に支持されながらも6着に敗れてしまったのが、昨年の有馬記念(G1)を勝ったブラストワンピース(牡4歳、美浦・大竹正博厩舎)だ。

「ゲートも我慢できて1歩目も出たが、外から他馬が殺到する形に。押し込まれて後方になってしまった」

 そう池添謙一騎手が残念そうに振り返った通り、スタート直後に隣のキセキにやや寄られ、外から他馬に被せられた影響もあって、後方からの競馬となったブラストワンピース。勝負所の3、4コーナーから進出を開始し、最後の直線は大外から追い上げたものの6着に敗れてしまった。

「ちょっとロスが目立つ、横綱相撲的な競馬になってしまいましたね。3、4コーナーで内にいたペルシアンナイトが少し膨れた影響で、外を回っていたブラストワンピースはさらに膨れてしまいました。力が抜けている馬なら、あれでも勝てるかもしれませんが......。

 最後の直線も追い上げてはいますが、今回を見た限り、あの展開で巻き返すほどの力はまだないのかもしれません。池添騎手も『結果論ですが、3コーナーで内に潜り込めば良かった』と嘆いていましたよ」(競馬記者)

 この騎乗を受け、ネット上の競馬ファンからは「クソ騎乗」「馬の力を過信しすぎ」「大外回しすぎ」と池添騎手の騎乗に対する厳しい批判が殺到。1番人気で馬券に絡めなかった点も然ることながら、ブラストワンピースの力を過信していた点に多くの不満が集まったようだ。

JRA大阪杯(G1)惨敗ブラストワンピース「凱旋門賞」白紙か......「オルフェーヴル級」池添謙一騎手の"過信"大外ぶん回しに批判の声のページです。GJは、競馬、JRAブラストワンピース凱旋門賞大阪杯の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!