NEW

武豊エアウィンザー「兄エアスピネルと同じ」ベスト尽くしての完敗……歯がゆいレースは一族の宿命?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊エアウィンザー「兄エアスピネルと同じ」ベスト尽くしての完敗......歯がゆいレースは一族の宿命?の画像1

 10日に行われた金鯱賞(G2)は、昨年の日本ダービー(G1)6着以来の出走となったダノンプレミアムが、道中3番手から力強く抜け出して圧勝。「強い4歳世代の大将」といわれたその実力をいかんなく発揮した。

 G1ホース5頭出走というハイレベルな一戦となったが、中京の舞台で力を発揮したのはダノンプレミアム、そして中団からの鋭い差し脚で2着に食い込んだリスグラシューだった。どちらもG1ホースにふさわしいレースを見せつけたといえる。

「勝ち馬と2着馬は強すぎるよね」

 と、2頭に脱帽したのが、エアウィンザー(牡5 栗東・角居勝彦厩舎)騎乗の武豊騎手だ。エアウィンザーは好スタートから道中はリスグラシューとほぼ同じ位置で進め、直線ではエアウィンザーはインコース、リスグラシューはアウトコースに分かれた。エアウィンザーはダノンプレミアムの直後につけ脚を伸ばすも、あっという間に抜け出したダノンプレミアムとの差は縮まらず、外から強襲したリスグラシューにも差し切られてしまった。武豊騎手も「ダノンを見ながら運べたけど追いつけなかった」と完敗を認めている。

「インコースで上手に脚を溜め、ダノンプレミアムをしっかりマークできるなどレースそのものに問題はなく、武豊騎手もベストな騎乗だったのではないでしょうか。でも、結果は残酷なもので、「力の差」が如実に出てしまいましたね。

リスグラシューは次走に香港遠征を予定しているので再戦はありませんが、ダノンプレミアムとは今月末の大阪杯(G1)でぶつかる可能性も十分にあります。これはやっかいですね」(競馬誌ライター)

 破竹の4連勝を引っさげての格上挑戦だったが、エアウィンザーにとっては苦いレースとなってしまった。

 今後は大阪杯(G1)に向かうことが予想されるエアウィンザー。武豊騎手はドバイ遠征のため、ジョッキーの乗り替わりはすでに決まっている。巻き返しに期待したいところだが……。

武豊エアウィンザー「兄エアスピネルと同じ」ベスト尽くしての完敗……歯がゆいレースは一族の宿命?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!