ビジネスジャーナル > ライフニュース > モス、今秋話題の5品を食べてみた!
NEW

モス、今秋SNSで話題沸騰中の5品を食べてみた!ソイチーズバーガーは絶品

文・取材=A4studio
【この記事のキーワード】,
モス、今秋SNSで話題沸騰中の5品を食べてみた!ソイチーズバーガーは絶品の画像1
モスバーガーの店舗

 国内に1251店舗(2021年8月末時点)を有するハンバーガーチェーン「モスバーガー」。こだわりの素材とつくりたてのおいしさを追求し、“ファストフード店”でありながら注文を受けてからつくるスタイルで有名だ。

 そんなモスバーガーを運営する株式会社モスフードサービスの2021年4~6月連結業績を見てみると、前年同期の4億6300万円もの赤字から一転、7億6000万円の黒字を計上している。売上高も前年同期比16.3%増と堅調だ。

 今年度の第1四半期から好調な滑り出しを見せるモスバーガーは、その長い歴史もあって美味しい商品が多く並ぶ。今回は、この秋に買うべきモスバーガーのメニュー5つを厳選したので、紹介していきたい。

ソイチーズバーガー/250円(税込、以下同)

モス、今秋SNSで話題沸騰中の5品を食べてみた!ソイチーズバーガーは絶品の画像2

 ソイパティとは、パンの間に挟まれているパティ(ハンバーグ)に大豆由来の植物性たんぱくを使ったヘルシーな具材だ。「ソイチーズバーガー」は、その名のとおり「チーズバーガー」に使用しているパティをソイパティに変更したメニューである。

 ソイパティシリーズのハンバーガーは9種類もあるのだが、SNSなどでは「ソイパティそのもののおいしさを味わうには、チーズバーガーくらいシンプルなメニューが最適」との声が散見される。また、ほかにも「味付けや食材の相性によってはソイパティの味が微妙に感じるが、ソイチーズバーガーは満足度が高い」などの声もある。

 実食してみると、「お肉のようで、サラダの気分」というソイパティの売り文句のとおり、あっさりとした味のソイパティがとてもおいしい。弾力たっぷりの歯ごたえは通常のパティ以上かもしれない。やはり、「ソイチーズバーガー」はソイパティの魅力がしっかりと伝わるハンバーガーであるといえそうだ。

 たとえば、ソイパティのほかに具材がドッサリと中に入ったハンバーガーであれば、ソイパティの魅力は埋もれてしまうだろう。ソイパティそのものの魅力を味わいたいなら「ソイチーズバーガー」が最適だ。

ダブルとびきり和風ソース/670円

モス、今秋SNSで話題沸騰中の5品を食べてみた!ソイチーズバーガーは絶品の画像3

 2008年から始まった「とびきりハンバーグサンド」シリーズは、100%国産の牛肉と豚肉を合い挽きしたパティを使用している。「ダブルとびきり和風ソース」は、そのパティを2枚乗せ、上から和風ソースをかけたボリューミーなハンバーガーだ。

 その具材の豪快さに胸を打たれるファンも少なくない。SNSでは「2枚重なった国産パティの圧倒的な肉感が和風ソースとマッチしてうまい」「シャキシャキとした玉ねぎも合う」など、称賛の声が相次いでいる。

 実際に頼んで商品を受け取ったところ、やはりまずはその大きさに驚く。食べてみると、肉2枚の厚みの存在感がすごい。そして、国産丸大豆醤油をベースにしたモス特製の和風ソースがふんだんにかかっていて美味。ソースにはハーブやスパイスもミックスされているため、香りが豊かだ。ボリューミーなメニューだが、飽きずに最後まで食べることができる逸品。

スパイシーモスチーズバーガー/450円

モス、今秋SNSで話題沸騰中の5品を食べてみた!ソイチーズバーガーは絶品の画像4

 モスバーガーには辛党向けの商品がいくつかある。そのなかでも特におすすめしたいのが「スパイシーモスチーズバーガー」。本品は、ピリッとした辛さのハラペーニョとスライスチーズを入れ、その上から熱々のミートソースを乗せたハンバーガーだ。

 ハラペーニョといえばメキシコを代表するトウガラシの一種で、かなり辛い。だが、SNS上では「スライスチーズが入っていることによって、辛さは和らいで最後までおいしく食べることができた」「ハラペーニョの辛さとチーズのまろやかさが絶妙にマッチングしている」と、辛みとマイルドさのバランスや相性の良さを褒め称える声が多いのである。

 本当に辛さが和らぐのか食べてみたところ、確かにSNSでの評判のとおり、本品は辛さとまろやかさの絶妙なバランスが取れていた。そしてトマトやオニオン、パティに加えてチーズやマヨネーズ、ハラペーニョなどの具材が調和し合い、とても美味。モスバーガーに数多くあるスパイシー系メニューのなかでも、本品は辛いものが苦手な方にも一度は食べていただきたいイチオシメニューといえるだろう。

ダブルモスバーガー/520円

モス、今秋SNSで話題沸騰中の5品を食べてみた!ソイチーズバーガーは絶品の画像5

 続いて紹介するのは、定番であり看板メニューともいえる「モスバーガー」のパティを2枚重ねにした「ダブルモスバーガー」。本品は、具がたくさん入っている「モスバーガー」の食べ応えをさらに上回る、がっつり系メニューだ。

 SNS上でモスファンからは「いつも限定メニューに惹かれがちだけど、ド直球のダブルモスバーガーは常に魅力的」といった声が上がっている。また、ハンバーガーの中に詰め込まれている溢れんばかりの具材のうち、トマトとパティの間に挟まれたミートソースは、食べている最中に袋の中でこぼれがちだが、そのこぼれたミートソースに、「フレンチフライポテト(Sサイズ/230円)」をディップして食べるのも通の食べ方のようだ。

 実際に、「ダブルモスバーガー」に「ポテトS・ドリンクセット(410円)」をつけ、ポテトをミートソースにディップしてみた。もちろん、「ダブルモスバーガー」そのものもおいしいのだが、味変したポテトも絶品。変化球的な楽しみ方だが、ぜひ試してもらいたい。

こだわりサラダ ローストアマニトッピング 和風ドレッシング<減塩タイプ>/290円

モス、今秋SNSで話題沸騰中の5品を食べてみた!ソイチーズバーガーは絶品の画像6

 最後に紹介する商品が、「こだわりサラダ ローストアマニトッピング 和風ドレッシング<減塩タイプ>」だ。こちらは、2020年夏に当サイトで掲載した『モス、開発に1年半かけた「グリーンバーガー」が絶品!今夏食べないと後悔する商品5選』と、2019年春に掲載した『マックにはない!モスバーガー、今食べるべき商品5選…食べたら驚く美味さ&ガッツリさ!』でも紹介した商品。

 前出記事では、「モスバーガー自慢の野菜を贅沢に味わえて、ダイエット食にうってつけのメニュー」と紹介したが、今あらためてSNSで評判な理由は、それだけではない。「初めて食べたけど、和風ドレッシングがさっぱりしてるし、野菜も新鮮で美味しい」「あまりトマトが好きではないんだけど、モスのトマトはおいしい」と、新鮮な野菜がおいしいあまりに野菜への苦手意識を克服したといった絶賛の声も出ているのだ。

 その評判を確かめるべく注文してみると、キャベツやレタス、グリーンリーフといった緑色の野菜の上にトマト、オニオン、黄パプリカが乗せられていて、とても彩りがいい。そして食べてみると、野菜の食感や和風ソースとの相性が抜群。やはり、モス自慢の野菜というだけある。

 さて、この秋ご紹介したいおすすめのモスバーガーは以上である。モスバーガーは他チェーンほど新作を頻繁に出すお店ではないが、定番メニューのなかにもまだまだ知られざる魅力は多くある。本記事を読んで気になった方は、ぜひご賞味あれ。
(文・取材=A4studio)

※情報は2021年9月17日現在のものです。

A4studio

A4studio

エーヨンスタジオ/WEB媒体(ニュースサイト)、雑誌媒体(週刊誌)を中心に、時事系、サブカル系、ビジネス系などのトピックの企画・編集・執筆を行う編集プロダクション。
株式会社A4studio

Twitter:@a4studio_tokyo

モス、今秋SNSで話題沸騰中の5品を食べてみた!ソイチーズバーガーは絶品のページです。ビジネスジャーナルは、ライフ、, の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

5:30更新
  • ライフ
  • ビジネス
  • 総合