ビジネスジャーナル > ITニュース > IT全般ニュース > 初音ミクニュース > 初音ミクの技術徹底解剖  > 2ページ目
NEW

初音ミクを生んだ“革命的”技術を徹底解剖!ミクミクダンス、音声、作曲…

【この記事のキーワード】, ,

 これだけバラバラのものを、どうして「ボカロ」という言葉で、混乱なく併存できているのか不思議なのですが、本稿では、「(2)そのソフトウェアを使って創作された歌」
と暫定的に定義して使用します。

 次に、初音ミクです。初音ミクとは、クリプトン・フューチャー・メディアから発売されている音声合成・デスクトップミュージック(DTM)ソフトウェアの製品名、およびキャラクターとしての名称です【註1】

 わかりにくいので、私なりに、エンジニアとしての定義を試みます。

初音ミクとは、

(1)コンピュータによって作成されたメロディを伴う音声と、
(2)コンピュータによって作成された人間のように動き踊る映像とからなる、
(3)「歌手」という設定のキャラクターで具現化される、マルチメディアのコンピュータ出力の一態様であって、
(4)コンピュータ等によって作成された音楽と併せて表現されるもの

と定義できると思います。

つまり、初音ミクとは、

(1)コンピュータがプログラムに基づいて行った演算結果を、
(2)マルチメディア(音声と映像)に変換して、
(3)デバイス(ディスプレイとスピーカ)にアウトプットしたもの

にすぎません。

 なお、この初音ミクと同じ態様のアウトプットとして、現在36のキャラクターが存在しています。初音ミク「鏡音リン・レン」「がくっぽいど」「巡音ルカ」など、12年12月の段階で私が確認した範囲で、36あります。(以下、初音ミクは、これらのキャラクターの総括名称として扱います)

 つまり「『初音ミク』とは、『映画』の一態様にすぎない」ーーこれで正しいはずです。

 このようなメディアは、別段目新しいものではありません。アニメや映画も、つまるところ上記の定義で説明できます。

 しかしこの説明では、単なる映画にすぎない初音ミクに対して、なぜ「愛しているよー」と絶叫する、興奮した聴衆が存在するのか? をうまく説明できません。

 そこで、このテーゼに対して、技術面からのアプローチと、心理面からのアプローチを試みます。

●初音ミクを支える技術

 まず、初音ミクをつくり出す技術について説明させていただきます。

初音ミクを生んだ“革命的”技術を徹底解剖!ミクミクダンス、音声、作曲…の画像3

<第一の技術:歌唱音声技術>

 歌唱音声技術とは、初音ミクに歌ってもらう技術です。この段階では、初音ミクの独唱(ソロ)をつくることになります。初音ミクが踊っている姿も、楽曲の演奏も生成されません。

 特許庁の検索エンジンで、「ヤマハ」「音声」で検索をかけたら、ボーカロイド技術に関する発明は5つありました。注目すべきは、「特許公開2002ー202790 歌唱合成装置」であり、これこそが、現在の初音ミクを成立させる技術と考えられます(2008年1月に日本国の特許権が成立済み)。

 初音ミクの歌唱は、コンピュータがつくる声ではなく。現実の人間の声を使って生成されています。具体的には、生の人間の音声をバラバラにパーツ化して、データベース化してあらかじめ保存しておきます。そして、初音ミクに歌わせる時に、それらのパーツを素材として使って、再構成することで「歌」をつくり出すのです。この発明は、それらのパーツを連結する時に発生する「不自然さ」や「ノイズ」を除去するという技術に特徴があります。

初音ミクを生んだ“革命的”技術を徹底解剖!ミクミクダンス、音声、作曲…の画像4

 この技術は、現実の人間の音声を「絵の具セット」のようなものとして保存しておき、歌唱をつくる時に、パレットの中でそれらの色を混ぜて、無数の色をつくり出せるようにして、カンバスの上に自由に絵を描けるようにしたもの、という理解でよいと思います。

BusinessJournal編集部

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

Instagram: @businessjournal3

ニュースサイト「Business Journal」

初音ミクを生んだ“革命的”技術を徹底解剖!ミクミクダンス、音声、作曲…のページです。ビジネスジャーナルは、IT、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

11:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合