NEW

アップル、FBも…米IT大手へ相次ぎサイバー攻撃、国防総省「核抑止力で対抗」か?

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国国防科学評議委員会の報告書
「Resilient Military Systems
and the Advanced Cyber Threat」

■アメリカを標的に高度なサイバー攻撃が頻発

 2013年2月3日、筆者の元に不審なメールが届いた。「Twitterはこのアカウント(アカウント名)のパスワードをリセットしました」と書かれており、パスワードのリセットを促す文面とWebサイトへのURLリンクが記入されていた。大変なことが起きたものと直感した。

 Twitter社によると、「ユーザー名、メールアドレス、セッションIDや暗号化されたパスワードなど、約25万人のユーザー情報にアクセスされた可能性がある」として、該当するユーザーのパスワードをすべて強制的にリセットしたという。筆者のアカウントでは、確かにWebサイトからのログインは無効になっており、Twitterと連携するすべてのアプリのパスワードも変更する必要があった。

 サイバー攻撃はこれにとどまらなかった。2月15日にはFacebookが、19日はアップルが被害を受け、23日にはマイクロソフトも同様の被害に遭った。Facebookの場合は情報漏えいの危険はなかったため、ユーザーがパスワードを変更する必要はなかった。だが、3月3日にはEvernoteが被害を受け、全ユーザーのパスワードをリセット、という未曾有の事態が発生してしまった。

hucker0311_01.jpg
<図1>2013年2月から発生している主なサイバー攻撃
hucker0311_02.jpg
<図2>Twitter社から送信された警告メール
hucker0311_03.jpg
<図3>Evernote社から発信されたパスワード再設定の案内メール

■一体何が起こっているのか?