NEW

買い物依存症OL、なぜ借金500万円?どう脱出?ストレスをためない健康的な貯金術とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
「どうしても欲しい」というほど気に入った商品ではないのに、ついつい買ってしまって、あとから後悔した経験はあるでしょうか? もし、そんなことが頻繁にあり「買い物をしないと気が済まない」という状況になっているのなら、「買い物依存症」に陥っている可能性があります。

買い物依存症OLの借金返済・貯蓄実践ノート』(合同フォレスト)を7月に上梓したファイナンシャルカウンセラーの西村優里氏も、数年前まではそんな買い物依存症の1人でした。洋服やバッグ、エステ、プチ整形、ジュエリーなど高額商品を「いま欲しい」「分割すれば払えそう」と気軽にクレジットカードを利用して頻繁に購入していたといいます。

 今回は、本書の中で借金まみれの生活を送っていた自らの経験を綴った西村氏に

・借金が膨れ上がる理由
・借金返済の重要なポイント
・独自の節約術

などについて話を聞きました。

●買い物依存症に陥ったきっかけ

---買い物依存症の原因はなんだと思われますか?

西村優里氏(以下、西村) 人によく見られたいという気持ちだと思います。大学生の時からローンを組んでエステに通うようになったのが始まりです。100万円近い高額な商品でしたが、分割すれば月額1万円ほどなので大丈夫だろう、という気軽な気持ちでした。それが後々大変な結果を招くとは思ってもいませんでした。その時は、モノを買うことで満足度が高まり、借金をすることへの抵抗が薄れていました。気が付いたら借入額は500万円まで膨れ上がっていました。

--なぜ借金額が膨れ上がるまで気付かなかったのでしょうか?

西村 買い物をする時に要注意なのは、毎月一定額を返済するリボルビング払いです。月々の支払いを低額に抑えられるので利用されている人も多いのではないでしょうか。リボ払いは、借金をして買い物をしているという実感が薄くなり、借入残高がいくらになっているのかを把握しづらく、結果的に多くの金利を払うことになってしまいました。

--一般的な若い女性会社員にとって500万円は大金ですが、誰かに相談はしなかったのですか?

西村 迷惑をかけると思い、家族や友人に相談することは考えていませんでした。会社にもバレたら大変ですから、通常通りに仕事もこなさないといけません。当時、消費者金融の過払い金が問題になっていました。そこで私も司法書士に相談して過払い金の返還請求を行い、返済計画を立てました。最終的には約3年で借金を返済することができました。

『買い物依存症OLの借金返済・貯蓄実践ノート』


借金を完済するだけでなく、貯蓄体質に生まれ変わるコツをふんだんに載せました。これを機にお金の悩みを解消し、新たな人生を切り開いていきましょう!

amazon_associate_logo.jpg