NEW
藤原実「気になりませんか?」(9月12日)

なぜ人は『ドラクエ』をやるのか?高くて「操作性悪い」と不評のスマホ版なのに…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ドラゴンクエスト6 幻の大地』「ドラゴンクエストfor スマートフォン ポータルサイト」より
 私は最近、朝起きると、まずスマートフォンで『ドラゴンクエスト6 【編註:正式名称はローマ数字、以下同】幻の大地』(スクウェア・エニックス)をプレイしています。

『ドラクエ6』は、1995年に「スーパーファミコン」(任天堂)用ソフトとしてリリースされたものが最初です。その後、「ニンテンドーDS」(任天堂)版がリリースされ、今年6月にiPhone版とAndroid版が配信されました。

『ドラクエ』シリーズの詳細について、ここでは述べません。しかし、私は『ドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族 オンライン』(スクウェア・エニックス)以外の全作品をリアルタイムでクリアしてきました。

 シリーズ初のオンライン仕様となった『ドラクエ10』だけは途中で挫折しており、オンラインゲームに向かない人間なのかもしれません。ちなみに、第1作目の『ドラゴンクエスト』(エニックス)がリリースされたのは、1986年です。当時、小学生だった私は、近所の「クリちゃん」という玩具店で予約して買った記憶があります。

『ドラクエ』シリーズもさることながら、ファミリーコンピュータ世代には人気の高い『ファイナルファンタジー』シリーズも、このところ次々とスマホ版がリリースされています。どちらも、メーカーはスクウェア・エニックスです。

 いわゆるフィーチャーフォンで『ドラクエ』シリーズがリリースされた時も興奮しましたが、13年に初代『ドラクエ』がスマホでプレイできるようになった時には、さらに興奮しました。

 というのも、40代のおじさんが、家族のいる狭いリビングでレベル上げにいそしむ姿をさらすのは不可能に近いからです。仮病でも使って仕事を休まない限り無理でしょう。さらに、ロールプレイングゲーム(RPG)という特性上、毎日少しずつやらないとクリアできません。連日、家族が寝静まった後にやるとしても、もはや体力的に不可能です。

 そういった事情を鑑みると、「ある程度の画面の大きさで、どこでもプレイできる」というスマホ版の登場は、すごくありがたいものです。

過去にクリアしたゲームを、スマホで再度プレイする感覚とは?


 前述のように、私はほぼすべての『ドラクエ』シリーズをクリアしています。それを、最初からもう一度やるというのは、どういう感覚なのでしょうか。これは他の人に聞いたわけではないので、まったくの主観であり、単なる感想にすぎません。