NEW

地方の一旅行代理店が一夜で全国区に! 経営者が語る、誰にでも起きる奇跡の起こし方

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:、『奇跡を呼び込む力』著:西智彦/PHP研究所

 目の前の課題や仕事に楽しく取り組んでいると奇跡(ミラクル)がやってくると説く西智彦さんは、『奇跡を呼び込む力』(PHP研究所/刊)の著者です。西さんは大学時代のアメリカ留学経験を活かし、26歳で海外専門旅行会社JSTを設立しました。以来、37年にわたって事業運営に携わっている、現役の企業経営者です。

 西さんは本書を「人生は、奇跡(ミラクル)の積み重ねです」という言葉ではじめ、「小さな微笑ましい幸運(奇跡)に感謝していくと、誰にでも大きな奇跡が起こる。」と結んでいます。

 そんな西さんの数ある奇跡(ミラクル)物語の一端を紹介しましょう。

 1994年1月11日、名古屋の街で東京のキー局を含む11局のテレビ局が入り乱れ報道取材合戦が行われました。それは「ついに海外旅行が1万円を切った」というニュース。その仕掛人が西さんなのです。その日は一日中この話題が何度も全国のテレビで放映され、広告費用に換算すると数億円にもなったそうです。

 前年の11月末、ハワイに滞在していた西さんは、現地で流れていた日本人向けのテレビニュースで「銀座の衣料品店が980円のスーツを販売」という情報を目にします。「こんなことでニュースになるのか。じゃあ我々は、もっと面白いことができる」と西さんは帰りの飛行機のなかで9,800円グアムツアーの計画を立てたのです。

 当時の西さんは、パーティなどに呼ばれて調子に乗せられては、その場でハワイ旅行をプレゼントし、その数は年間で30本にものぼったといいます。そこで西さんは1年間プレゼントをやめ、1度に30本まとめてあげることを考えました。しかし無料ではニュースにならないので、グアム9,800円、香港18,800円、ハワイ19,800円などと値段をつけ「JST創立15周年感謝価格」として企画したのです。

 企画の告知のためテレビ局、新聞社、雑誌社などマスコミ50社に取材依頼レターを送りましたがほとんど反応はなく、取材に来たのは読売新聞中部本社1社だけでした。しかも名古屋では中日新聞以外の新聞は影響力が小さいので、西社長は反響を期待しなかったといいます。ところがこれが大きな奇跡の始まりでした。

 このイベントの前日、朝7時半に西社長の自宅に故郷の友人から「今JSTが全国ネットのテレビ番組に出ている」と連絡があったのでテレビを見ると本当に出ています。取材に来た読売新聞中部本社が記事を全国に配信し、1,000万部数を誇る首都圏読売新聞にたまたま3面記事が少なく、その穴埋めの囲み記事として9,800円グアムツアーが掲載されたのです。

 それを「今日の朝刊からの話題」としてテレビ番組が取り上げ、しかもその番組の司会が「これは面白いから私共の番組は取材に行きます」と番組で口走りました。この言葉が番組を見ていた他局のプロデユーサーを刺激しました。このような経緯もあって、朝会社に行くとすべての電話が鳴っていました。奇跡の報道取材合戦の始まりです。

 小さな幸運が連なり、そして予期しない大きな幸運に膨れ上がっていくのです。これを西社長は「奇跡(ミラクル)」と呼びます。

 本書で紹介されているいくつものエピソードを読むうちに「もしかしたら自分は、奇跡を見逃していただけなのかもしれない」という気がして元気が出てくることでしょう。
(新刊JP編集部)

関連記事

運気が良くなるちょっとした習慣
運の悪いことが起こらなくなるコツ
悲観的な人間は幸運に恵まれやすい?
運を呼び込める人と損ばかりする人の違いとは?

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。