NEW

「朝鮮人を出せ!」韓国人活動家と日本の市民団体が衝突で島根が騒然!警官3百人出動

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
声を荒らげ警察官や機動隊と衝突する市民団体の活動家たち
 2月22日、島根県にとっては記念すべき日だ。そう、日本と韓国の間で領有権を争う孤高の島、竹島の日である。今から11年前に島根によって制定され、毎年県が主催する式典が開催される。そしてお決まりなのが、韓国の活動家と日本の市民団体との諍いだ。両者が「帰れ、ボケ!」「出てこい!」と暴言を吐きながら暴動を起こし、機動隊が出動する展開となっているのだ。


 今年はそんな竹島の日に、筆者は竹島上陸者として初めて式典に参加した。22日当日、島根・松江駅に降り立つと、予想に反して至って日常の風景が流れていた。しかし、遠くからは拡声器で竹島奪還を叫ぶ声が聞こえてきた。その声が聞こえる方向に足を向けてみると、数人の日本人活動家がのぼり旗を手に、「日韓国交断絶!」「竹島奪還!」と声を荒らげていたが、足を止める市民は誰一人としていない。しかし、しばらくすると駅前に右翼の街宣車が走行し、ようやく竹島の日だという実感が湧いてきた。

 場所を移動し、韓国サイドの活動家が決起集会を行うとされるホテルに向かい様子を窺うが、ホテルのスタッフに阻止されてしまい断念。仕方なく、ホテル前で待機していたが埒が明かず、式典が開催される島根県庁方面に向かう。

 県庁に向かうにつれ、警察官や機動隊の数も増し、徐々に物々しい雰囲気に包まれ始める。その数、約300人以上というところか。島根県の警官だけでは間に合わず、広島や鳥取からも応援が駆けつけているという。しかし、各局のカメラクルーたちが待ち構えるが、一向に衝突が起こる気配がない。

 しばらくすると、軽快なBGMとともに街宣車が再び現れ、大音量で「竹島奪還!」と叫びながら走行していく。そのたびに警官たちが道路を封鎖し、一般車に迷惑が掛からないようにするのだが、逆に大渋滞となり迷惑をかけていた。さらに一般人も道路を横断できない状態が続き、遠回りをさせられる始末。

 ようやく、日本の市民団体サイドの活動家が登場し「衝突か?」と思い筆者もカメラを構えるが、肝心の韓国サイドの活動家が現れない。報道陣たちがざわめきだしたそのとき、機動隊に護衛されながら一台のマイクロバスが登場。どうやら、韓国人活動家が乗車しているようで、一斉に県庁前にいた機動隊員たちが人間の壁をつくり、市民団体を遮りだした。