NEW

上場するCMで超有名なあの企業、驚愕の社員不当クビ切りが発覚!実体ないダミー会社設立

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 丸八真綿グループの持ち株会社、丸八ホールディングス(HD)が4月8日、名古屋証券取引所2部に上場する。インターネットビジネス全盛時代に、訪問販売という人海戦術で稼ぐ企業が上場するのだ。

 丸八真綿といえば、人気力士・高見山(後の東関親方)を起用したテレビCMを記憶している人が多いだろう。高見山がしゃがれ声で発する「マルハッチ」「2倍、2倍! 2枚、2枚!」のキャッチフレーズはブームになった。1977年に始まったこのCMは、CMの歴史に残るヒット作といわれている。以降、同社は有名人をCMに起用し続けてきた。

 だが明るい話題ばかりではなかった。丸八真綿は2012年、過労やパワハラなど雇用関連問題を多く抱えた企業を選定する「ブラック企業大賞」にノミネートされた。候補に挙げられた理由は次のようなものだ。

「丸八真綿は08年4月、製造部門のベテラン社員O氏に退職勧奨を行ったが、O氏が管理職ユニオン東海に加入して抵抗すると、『森田店』という訪問販売部門を新設し、そこに他の組合員2名とともに異動させた。

 さらに同社は09年2月、会社分割により新設した子会社『エム・フロンティア』に森田店の業務を継承。この会社にO氏を強制転籍させると、実体のある事業を何も始めないまま7カ月で同社を解散し、O氏は整理解雇された。

 現行の会社分割制度では、労働者は分割子会社への転籍を拒めないとされる。だが、O氏は、エム・フロンティアは従業員解雇のみを目的とするダミー会社であり、自分の転籍も無効と主張。整理解雇後の未払い賃金・賞与の支払いなどを求めて会社を提訴した。

 11年3月24日、裁判所はO氏の主張をほぼ全面的に認めるかたちで和解を勧告。丸八真綿もこれをのみ、O氏に解決金(未払い賃金・賞与のほか、定年までの約2年分の将来賃金・賞与を含む)を払うことで解決した」

 裁判は丸八真綿の完敗であった。

 布団の訪問販売は、「押し売り商法」「クーリングオフ妨害」などの問題を業界全体で抱えている。上場会社となれば、社会から向けられる目は一層厳しいものになる。果たして丸八真綿は大丈夫なのか。