NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」

ネット上で「無関係」なのに正義感振り回す人たち…「みんな俺と同じ」と思い込み集中攻撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 インターネット上で起きる“炎上”は、「自分の意見は正しい!」と思い込んだ少数の人たちが、同じ意見を何度も書き込むことで引き起こしている――。


 当連載前回記事では、『ネット炎上の研究』(勁草書房/田中辰雄・山口真一著)の共著者で国際大学グローバル・コミュニケーション・センター助教の山口真一氏に話を聞き、そんなネット炎上の実態をお伝えした。

 では、本書の調査で浮び上がった「子持ちで年収高めの男性が炎上に加担している」というのは、どういうことなのか。山口氏の話は続く。

なぜツイッターで正義感を振りかざす人が続出するのか


--本書内のアンケート結果で、炎上参加者に多い傾向として「子持ちで年収高めの男性」とあります。「男性」はわかるのですが、「子持ち」と「年収が高い」は意外ですね。

山口真一氏(以下、山口) 「年収が高い」については、よく「なぜですか?」と聞かれるのですが、個人的には「頭を良く見せたい型」の人が多いのかなと思います。

「頭を良く見せたい」という願望があり、また政治などの主義主張がはっきりしている。そんな人の多くは、いわゆる知識階級であり、収入が多くなるのだと思います。

「子持ち」については、例えば「保育園落ちた日本死ね!!!」のような話題に敏感に反応するのは、やはり子持ちの人のほうが多いのでしょう。

『ネット炎上の研究』(勁草書房/田中辰雄・山口真一著)
--「子持ちで年収が高め」が意外に感じるのは、イメージと違うからです。これまで、炎上参加者といえば「非正規雇用あるいは無職などで年収は低く、リアルのコミュニケーション能力が乏しいため友達も恋人もおらず、鬱憤をネットの世界で晴らしている……」という、かなり悲惨なイメージが共有されてきました。そもそも、なぜそんなイメージができ上がってしまったのでしょうか。

山口 「自分たちとは違う人たち」と思いたかったのではないでしょうか。「人生の負け組が、ネットで鬱憤を晴らしている」という固定観念は、少なからずあったと思います。

「炎上に加担しているのは、自分とは違う人たちだ」というのは、炎上に参加しない人にしてみれば受け入れやすいですよね。でも、実際はそうではない。その点が重要だと思います。

--ツイッターで嫌だなと思うのが、「聞かれたことには必ず答えないといけない」という雰囲気です。特に一般人から有名人に対してですが、スキャンダルや不用意な発言で炎上の渦中にいる人に対して、当事者とすれば答えにくい質問をたくさん投げかけて、「今すぐに答えてくださいよ!」「なんで答えないんですか!」と妙に高圧的な態度で詰問する人を見かけます。しかも、その人から直接的な被害を受けているのならまだしも、全然関係ない人が詰問していたりするんですよね。

山口 そうなんです。ポイントは「全然関係ない少数の人が、正義感から暴れ回っている」ということです。震災もそうですが、被害に遭われた方がいて、その人たちは全然別のことを考えているのかもしれないのに、外野が勝手に「あの人たちがかわいそうだ! 政府やマスコミはダメだ!」とものすごく批判するじゃないですか。その正義感が恐ろしいですね。

『ネット炎上の研究』

炎上参加者はネット利用者の0.5%だった。炎上はなぜ生じたのだろうか。炎上を防ぐ方法はあるのだろうか。炎上は甘受するしかないのだろうか。実証分析から見えてくる真実。

amazon_associate_logo.jpg

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』

時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。

amazon_associate_logo.jpg