NEW
福沢嘉孝「病気と医療のウソ?ホント?」

個人の将来の「がんリスク」&長寿を診断する画期的外来が開始…生活改善指導で予防可能

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
愛知医科大学病院先制・統合医療包括センター部長・福沢嘉孝教授
 2015年5月14日から国内外の大学病院で初めて、愛知医科大学病院にmRNA発現解析を活用したがん関連遺伝子リスク診断および長寿遺伝子活性化診断を実施する新外来「マーナ(mRNA)健康外来」が開設されました。本外来は、「未病」の段階からのがんリスク診断および長寿遺伝子活性化診断(2つのバイオマーカー)をごくわずかな採血量:2.5ml(通常の人間ドック健診での採血量の4~5分の1)で可能とした非常に画期的な専門外来です。


 本外来を介して地域中核病院である本院が、(1)生活習慣病予防(特にがん)を未病の段階からより早期にリスク診断し、個々人の将来の健康状態を予測する。すなわち、(2)先手を打ち意識付け・行動変容を惹起させて個々の生活習慣病を予防・改善・治癒に導く(良い生活習慣への介入・指導・管理)ことが、本院の担う最大の社会貢献と考えています。

 これにより、国策でもある「健康寿命延伸」をよりいっそう実現することが可能となり,個々人の生活の質(QOL)の向上へとつながると考えています。もしなんらかの異常が発見されれば、多職種連携協力の下に全人的・包括的医療を施し、より早期に病態改善を目指します(外来担当日および料金の詳細は文末参照)。

 担当主治医から受診者の皆様に、カラー図示した豊富な資料(サンプルは以下供覧)を参照しながら直接報告し、その報告書を受診者にフィードバックします。十分な時間(受診者1人当たり20~30分程度)をかけて懇切丁寧にわかりやすい結果解説と個々の生活習慣に関する今後の指導・管理も同時に実施します。