NEW

突然、夫が働かなくなる…こんなに多い!離婚原因2位、妻の精神状態悪化

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 今年に入り、連日のように芸能人の不倫が世間を賑わせているが、不倫が原因で破局する夫婦も少なくない。しかし、2014年度の司法統計によると、離婚原因の第1位は男女ともに「性格の不一致」が挙げられている。さらに、離婚女性が2番目に多く挙げたのは、「夫が生活費を渡さない」ということ。


 これについて、現在離婚を考えている主婦Aさんに話を聞いたところ、「うちの夫は生活費を渡さないどころか無職。今、働かない夫のことで悩む妻が増えているみたいです」と、ため息混じりに語った。

 Aさんと夫はお互い20代で結婚し、すでに社会人の息子がいる。

「夫は裕福な家庭で育ち、親から継いだ会社を経営していました。当時は一家の大黒柱としてがんばってくれていましたが、数年前に業績不振で会社を畳むことに。まだ働ける年齢でしたから別業種に転職、私も生活費を稼ぐためにパートを増やしました」

 しかし、Aさんの夫は新たな仕事を1年で辞め、その後も定職に就かなくなってしまったという。

「ずっと会社のトップだった人間は、他人の下で働くことに不慣れ。また、中年男性のプライドもあるのか、仕事を選り好みしてしまいます。でも、夫の実家が裕福だったのは昔の話で、今はギリギリの生活。私としてはなんでもいいから働いてほしいけれど、夫は時々短期アルバイトをするくらいで、それも契約が切れればしばらく休暇状態です」

 家計をやりくりするAさんは困り果て、家族で話し合いの場を持ったこともあるという。しかし、夫は「自分に合う仕事じゃないと続けられない」「体を壊してまでやることじゃない」などと主張し、最終的には怒鳴り散らして家族を黙らせてしまったという。結局、夫は職を探そうともしなくなり、現在は貯金を切り崩す生活が続いているそうだ。

「夫の言い分もわかるのですが、私も病弱。それでも現状や老後への不安から、少しでも稼がないといけないと思いパートに出ています。家で一日中ダラダラしている夫に苛立つので、今はパートに行っている時のほうが気楽です」

精神的負担も多い


 似たような状況に悩む妻や家族の声は、インターネット上にも散見される。そして、やはり金銭的にも精神的にも家族の負担は大きいようだ。Aさんの息子は語る。