NEW
松崎のり子「誰が貯めに金は成る」

さぁ夏休み!旅行費用を劇的に下げる方法!JRが半額、高速道路が割安に

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真:つのだよしお/アフロ
 7月にJTBが発表した「2016年夏休み(7月15日~8月31日)の旅行動向」によると、「(国内・海外を合わせた)総旅行人数は7745万人(前年比マイナス0.7%)と微減」とある。また、国内旅行の平均費用は1人当たり3万3700円で前年比マイナス2.9%、金額にして約1000円減だという(交通費・宿泊費・土産代・食費など旅行中の諸費用を含む)。


 同リポートでは、「今夏の生活者の心理としては、雇用や賞与は改善されているものの、今後の生活への経済的な不安から財布の紐は固くなっている。しかしながら、旅行に関しては、できる範囲で工夫して楽しみたい、という気持ちの人が多いと考えられる」と分析している。

 なお、国内旅行の利用交通機関は、64%が乗用車、次いで23.8%が鉄道となっている。今回、この交通コストを下げる方法について調べてみた。

車で旅行なら高速道路の「ETC周遊割引」


 まずは、車にかかわる費用だ。多くを占めるのは高速道路料金だろう。高速道路会社各社は、定額料金で指定区間の高速道路が乗り放題になる、「ETC周遊割引商品」を提供している。

 仕組みはこうだ。指定された発着エリア内のインターチェンジ(IC)から高速道路に乗り、周遊エリア内の高速道路は乗り降り自由、帰りはまた発着エリア内のICで降りる必要がある。鉄道のフリーきっぷの高速道路版と思えばいいだろう。利用できるエリアや期間によって料金は異なる。

 NEXCO 東日本では「ドラ割」、NEXCO 中日本では「速旅(はやたび)」、NEXCO 西日本では「みち旅」という名称で発売されている。

 NEXCO 中日本の「やまなしドライブプラン」で料金を比較してみよう。このプランは、東京・神奈川・名古屋発着があり、それぞれ富士山周遊エリア・山梨県域周遊エリアの2種類を選べる。連続する最大2日間使うことができるので、今回は、まず1日目に東京から山梨・河口湖まで行くとしよう。

 普通車で発着エリアの調布ICから富士山周遊エリアの河口湖ICまで向かうと、通常のETC利用料金は片道2550円。東京発の「やまなしドライブプラン(富士山周遊エリア)」は2日間有効で4100円なので、往復するだけでも、このプランを利用したほうが安いことになる。

 ただし、休日になると事情が変わる。ETC休日割引が適用になり、河口湖まで片道1960円(往復3920円)になるため、往復だけでは元が取れないのだ。次の日、河口湖から勝沼に行き、ワイナリーを見学して国産ワインを買い(くれぐれも試飲してはいけない!)、そのまま調布ICに戻ると、2日間の合計高速料金は4730円になるので、周遊プランのほうが安くあげられる(以上はNEXCO中日本の料金・ルート検索による比較)。

『お金の常識が変わる 貯まる技術』

得するつもりが損してる。それが“貯まらない人”。「こんなことでお金って貯まるんだ!」続かない、めんどくさい、なまけちゃう……そんな人のための、お金の貯め方・守り方。「お金の知恵」を20年以上取材した元・雑誌副編集長が教える!!

amazon_associate_logo.jpg