NEW
安中千絵「食は体を表す」

毎日ビールを飲んでもいい!ビール太り&二日酔い知らずの「究極の飲み方」テクニック

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 全国的な梅雨明けも間近、今年も猛暑がやってきそうだ。暑い夏、渇いた喉に冷たいビールをグッとやることに、無上の喜びを感じる人も多いだろう。しかしなかには、ビールを飲みたいけれど、ビールは太りやすいお酒だからと我慢している人も多いだろう。そこで今回は、ビールを飲んでも太らない秘訣をお伝えしたい。

ビールを飲んでも糖質制限はできる


 ビールやワイン、日本酒などの醸造酒は、原材料に含まれている糖質が酒の中にも残る。このため醸造酒は、焼酎やウィスキーなど糖質を含まない蒸留酒に比べて太りやすいと避けられる傾向がある。

 特に、体重を気にして糖質制限に取り組んでいる人のなかには、ビールなどの醸造酒は飲むことができない酒だと思っている人もいる。確かにビールには糖質が含まれるのだが、中ジョッキ1杯(500ml)に含まれる糖質量は15g程度。これは、ご飯2口分くらいの糖質量で、運動だと20分ほど歩くのに使うエネルギー量程度。つまみや生活の中で充分に調節可能な量だ。ビールが飲みたいのに無理に我慢をしたり、罪悪感を感じながらビールを飲む必要はない。

これに気をつければ太らない、3つの秘訣


(1)つまみの糖質に気をつける

 ビールを飲む際には、ビール自体に糖質が含まれているので、つまみで糖質を摂り過ぎないように気をつけたい。フライドポテトやピザ、餃子など糖質が多いつまみはNG。焼き鳥や、冷奴、枝豆といった、たんぱく質の多い居酒屋メニューがおすすめだ。乾き物なら、おかきよりナッツを選ぼう。

 また、アルコールを分解するにはビタミンB1が必要なのだが、糖質の多いつまみを食べると、つまみの分解にもビタミンB1が使われるので、ますますビタミンB1が不足する。ビタミンB1が不足すると、疲労感やダルさ、やる気のなさなどの原因になる。お酒を飲むときは、肉や魚、豆腐や納豆などの大豆製品、チーズなどたんぱく質系のおつまみで飲むことを習慣化しよう。

(2)最初の1杯に気をつける

 ビールはカラカラに渇いた喉への最初の1杯目が、特に美味しく感じられる。ただし、この1杯目が理性をふっ飛ばすことにもなるので注意が必要だ。

 最初のひと口目は、喉の渇きもあって、それほど味わわずゴクゴクと喉に流し込んでいる場合も多い。この最初のひと口目を、ノンアルコールビールや水、炭酸水に変えることで、ビールの飲み過ぎを予防することができる。美味しいビールは、ゴクゴクと無駄に量を飲んでしまうのではなく、味を楽しみながら飲みたい。