NEW
富家孝「危ない医療」

異常な医学部ブームの罠…6年大学通った末に低収入&激務、儲けるのは困難

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 ここ数年の大学医学部の偏差値上昇は異常だ。日本の優秀な学生たちが、こぞって医学部を目指すようになってしまった。公立・私立を問わず、医学部の偏差値は上昇を続けているが、とくに私大医学部の偏差値は軒並み高騰している。

「河合塾 医進塾」の『2017年度医学部入試情報』によれば、最低偏差値ラインはなんと62.5になっている。私大医学部のトップは慶應義塾大学の72.5で、これに、私の母校・東京慈恵会医科大、順天堂大などが70で続く。そして、最低ラインの62.5はというと、北里大、聖マリアンナ医科大、獨協医科大などである。

 この62.5という偏差値は、早稲田大、慶応大の理系学部の偏差値(概ね64.5)には及ばないものの、そのほかの私大理系学部のすべてを上回っている。

 以前は私大医学部の偏差値は軒並み60以下だった。なかには50を切る大学もあったが、いまや1校もない。そのうえ、ほとんどの私大医学部が、有名・難関私大の他学部の偏差値を上回るようになっている。

 ちなみに、国立大学医学部の偏差値も上昇を続けている。東京大(72.5)は別格として、これに、東北大、京都大、大阪大などが70で続く。そして、最低がなんと65.0で、弘前大、秋田大、群馬大、新潟大、富山大、鳥取大、徳島大、長崎大、琉球大など地方の国立大がずらりと並ぶ。

異常な倍率


 偏差値の上昇とともに、医学部人気も高騰している。国立は原則として併願ができないため、ある程度の事前選別のうえで受験するのが一般的だが、私立はその傾向が弱い。その結果、倍率が極端に上がっている。代々木ゼミナールの『医学部の志望倍率ランキング2016年』によると、次のように、トップ10までがなんと倍率30倍以上となっている。

・東海大:85.7倍
・金沢医大:55.2倍
・昭和大:50.8倍
・日本大:45.7倍
・岩手医科大:40.2倍
・福岡大:36.7倍
・愛知医科大:33.6倍
・獨協医科大:31.6倍
・杏林大:30.6倍
・藤田保健衛生大:30.6倍

 1位の東海大の85.7倍という数字がいかにすごいかというと、定員たった63人に5398人もの志望があったということだ。16年の医学部全体の定員数は9262人。これに対して志願者数は14万人以上に達したという。この14万人は偏差値上昇と合わせて考えれば、みな優秀な学生ということになる。
 
 いまや、日本中のトップ学生、偏差値秀才が医学部に殺到するようになったのだが、なぜ彼らは医者を目指すのだろうか。