NEW

不妊治療、多胎妊娠&減数手術で五つ子全員流産…夫婦が病院を提訴、リスク浮き彫り

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 先日、不妊治療によって五つ子を妊娠したにもかかわらず、胎児の数を減らす減数手術を受けたことにより、五つ子全員を失ったとして、夫婦が大阪市内の産婦人科病院を運営する医療法人と医師に対し訴訟を起こした。

 今回の多胎妊娠(2人以上の胎児が同時に子宮内に存在する状態)は、妊娠率を上げるために排卵誘発剤を複数回投与したことによる結果だとされる。妊娠初期に医師の勧めにより減数手術を受けたものの、その後、残りの2児も流産してしまったという。

 そこで改めて、不妊治療がもたらす多胎妊娠や減数手術のリスクについて、不妊治療専門クリニックのオーク住吉産婦人科の中村嘉孝医師に話を聞いた。

体外受精も選択肢


「五つ子を妊娠するのは、非常に珍しいケースです。今回、排卵誘発剤を投与したことによって、五つ子を妊娠したということですが、五つ子ができるということは、それなりの数の卵胞(卵子が入ってる袋)が投薬によって成熟していたのではないでしょうか。自然であれば通常1~2個しかできないところ、排卵誘発剤によって10~20個の卵胞ができると、多胎や卵巣が腫れあがるOHSS(卵巣過剰刺激症候群)になるおそれがあり、一旦、期間を空けるために体外受精に切り替えるべきではないかと思います」

 特に不妊患者に多いPCO(多嚢胞性卵巣)という状態では、卵巣内に多くの卵胞ができやすく、そのまま排卵誘発剤だけで自然妊娠に臨めば、受精率も高くなり、多胎妊娠率が高くなってしまうという。体外受精であれば、受精卵の数をコントロールすることができるため、多胎妊娠率を抑えることもできるのだ。

 しかし、不妊治療を望む患者の中には、自然妊娠を切望する患者もおり、その場合、仮にPCOになってしまっても、体外受精に切り替えない患者も多くいるという。

「体外受精と排卵誘発剤の大きな違いは、保険適用かそうでないかです。排卵誘発剤は保険適用になるため、保険がきかない体外受精に比べると、圧倒的に金額の差があります。そして、正常では卵子が育たない方が、排卵誘発剤を使用したことによって卵子が育てば、自然妊娠を望むケースが多く、リスク回避としての体外受精がなかなか受け入れられないのです」