NEW

東京五輪・海の森「中止」浮上、都が突然に整備費4割圧縮発表…なりふり構わぬ抵抗の裏事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10月9日、東京オリンピックについて就任後初会談した小池都知事と森会長(アフロスポーツ)

 2020年の東京オリンピックのカヌー・ボート競技会場として、東京都が整備を進めてきた東京湾に浮かぶ海の森

 海の森は、1970年代にゴミ行政に行き詰った東京都がゴミの処分場として活用。ゴミの埋め立てと同時に土地の造成を行ってきた。お台場の南側にあることから、海の森一帯は東京都最後の未開拓地とも揶揄される。しかし、お台場も含めて東京湾岸エリアは、その帰属をめぐって行政が争奪戦を演じてきた歴史の舞台でもある。

 中央防波堤と同様に、大発展を遂げるお台場も東京湾に浮かぶ島として70年代から“東京13号地”として造成が進められてきた。今でこそ、一大商業地として多くの企業が立地する金を生む土地のようにも見えるが、13号は90年代後半まで都心に近いだけの茫洋たる荒野でしかなかった。

 そのため、13号地は江東区や品川区、港区などが「自分の区にしたくない」と押し付け合い、帰属をめぐって紛糾。仮に、自分の区になれば、道路の整備、街頭の設置、清掃・美化・緑化・ゴミ処理といった管理責任が出てくる。無人の荒野に多大な費用を投じても無駄になってしまうと行政に思わせるほど、当時の13号地は魅力に乏しい土地だった。

 結局、3分割されて、江東区、港区、品川区によって管理されることになった。現在、このこの地域は「お台場」と呼ばれるが、お台場は港区の住所であり、江東区は青海、品川区は東八潮となっている。

江東区と大田区の攻防


 13号地に大型商業施設が立ち並び、多くの人が訪れるようになると状況は一変する。13号地南側に造成された中央防波堤も金を生む土地だと見られるようになり、一転して土地の奪い合いが始まった。

 当初、中央防波堤の帰属を主張したのは、中央区、港区、品川区、江東区、大田区の5区。そのうち陸続きではないことを理由に、中央区、港区、品川区は撤退したが、中央防波堤に建設される公共施設に関してはこの3区の区民も使用できるように要望を出すなど、簡単に手放さなかった。

 大田区は地形的に中央防波堤の帰属を主張するのには無理があるようにみえるが、中央防波堤と大田区とは海底トンネルで結ばれており、自動車で大田区と中央防波堤を行き来することができる。