NEW

韓国、慰安婦問題過激化でもポケモンGOに熱狂…街中や家族の風景が激変

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国での「ポケモンGO」リリースについて記者会見を行うナイアンティックのデニス・ファン氏(左)(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
ポケモンGOシンドローム」


 最近、韓国のニュース記事で、このような単語をたくさん目にする。スマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」が1月24日、韓国で正式にリリースされて約1週間がたった。

 海外や日本に比べて半年遅れのスタートとなったわけだが、リリース前から「ポケモンGO」は韓国でも大きな注目を集めていた。昨夏には「一部のファンが、なぜか『ポケモンGO』をプレイすることができる束草(ソクチョ:北朝鮮との国境地帯)に遠征している」などと報じられたこともあり、韓国でもリリースされれば爆発的な人気になることは、ある程度予想されていた。

 実際、スマホアプリ調査会社のワイズアップによると、24~29日までの6日間で約700万人が「ポケモンGO」を利用したという。業界関係者は「『ポケモンGO』リリース後の27~30日は、韓国は旧正月で連休だったため、ユーザーが爆発的に増えた」と語る。また、グーグルの「グーグルプレイストア」とアップルの「アップルストア」では、「ポケモンGO」は売り上げランキングで2位になるなど、やはり人気と注目度は高い。

 多くの人がポケモンに熱狂することで、韓国でも日本同様、街中の風景や家族との過ごし方まで変わってきたようだ。

 経済誌「アジア経済」(ジェトロ・アジア経済研究所)は、「ポケモンGOシンドロームが正月の風景を変えた」と伝えている。韓国でも、旧正月には子供たちが凧揚げやコマ回しなどで遊ぶ光景が見られるが、今年は「ポケモンGO」を家族や親せきと楽しむ姿が見られるという。

 同誌によると、ソウル在住の18歳の高校生は「凧揚げのような伝統的な遊びは別に楽しくもなかったのに、親戚と街を歩きながらポケモンを捕まえるのはすごく楽しい。互いにポケモンを比較したり捕まえたりすることで、いつもの正月よりも親戚たちと親しくなれた気がする」と話している。

 また、同じくソウル在住の58歳の男性は「あのゲームひとつで、こんな寒い日に外で何をしているのかわからない。それでも、親戚たちとみんなで笑いながら遊んでいる姿を見るのは、とても気持ちがいい」と語っている。

 さらに、ポケモンを捕まえるために「ポケストップ」に大勢の人が集まるという光景も日本と同じで、韓国でも有名観光地や公園などに人が集まって「ポケモンGO」を楽しむ姿が全国各地で見られるそうだ。

韓国でも公園にあふれる「ポケモンGO」利用者


 韓国では、リリース後に“ポケモンの聖地”が大きな話題になっている。ひとつは、江原道(カンウォンド)春川(チュンチョン)市の「南怡島(ナミソム)」。実は、南怡島は日本人にもなじみのある場所だ。

 韓流ブームのきっかけとなったテレビドラマ『冬のソナタ』のロケ地として有名な南怡島は、ソウルから北東約50kmの場所に位置している。総面積は約14万坪で豊かな自然も多く、レストラン、ホテル、キャンプ場などがそろっているため、年間300万人が訪れるなど韓国でも指折りの人気観光地だ。