NEW

自動車教習所のこんな教官が、尋常じゃなくムカつく!生徒の人格否定、わざわざ悪態

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 警察庁が公表している「運転免許統計」(平成28年版)によれば、国内の運転免許保有者の総数は約8220万名にも上る。

 自動車教習所に通っていた頃は、慣れない運転操作の数々に悪戦苦闘しつつ、常に助手席で隣り合わせていた教官(正式には「指定自動車教習所指導員」と呼ぶ)とのやり取りを印象深く覚えている方も多いのではないだろうか。

 ときに自動車は“走る凶器”と表現されることがあるように、不注意な運転は人の命を一瞬で奪ってしまいかねない。そのため、安全運転を徹底させるべく、厳しくも愛のある姿勢で教習生と接するのが教官の務めというものだろう。

 ただ、教習所時代の思い出を語るドライバーのなかには、「高圧的な態度を取る教官に嫌気が差した」との意見も少なくない。

存在意義さえ疑う「尋ねても教えてくれない教官」


 そこで今回は、編集部が取材した教習所での体験談をいくつか紹介していこう。

「私はS字クランクに苦手意識があり、脱輪しないよう慎重に進もうと心がけていたのです。途中でバックしてしまっても、そのときの教官は辛抱強く付き合ってくれました。しかし別の教官は、ため息をついて『ゆっくりやればいいってもんじゃないんだぞ』と露骨に嫌そうな顔。脱輪したらしたで絶対に文句を言うくせに、あのときは結構なショックを受けたものです」(30代女性)

「路上教習中、信号待ちでふと助手席の様子をうかがうと、教官が目を閉じているように見えました。まさか居眠りじゃないだろうと声をかけたら、『君の運転は酔いそうになる』とぶっきらぼうな返事。どう改善すればいいのか尋ねても『それが自分でわからないようだから駄目なんだ』の一点張りでした。結局理由を教えてもらえず、『それを教えるためにあんたは存在してるんだろ!』と心の中で絶叫してましたね。ほかの教官に相談したら、ブレーキの加減が要因だろうと助言してくれたのですけど」(20代男性)

「その日の技能教習の感触が自分でも芳しくなく、先に進めるか気がかりなまま授業も終わりに近づいていたのですが、教官ときたら『(教習原簿に)ハンコ押してあげようかな、どうしようかな』なんて、わざとらしく声に出すんです。結局は補習を受けることになったものの、こちらの不安な気持ちをもてあそぶような物言いにイライラはピーク。人間性を疑いましたよ」(40代女性)

自動車教習所のこんな教官が、尋常じゃなくムカつく!生徒の人格否定、わざわざ悪態のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、自動車教習所路上教習運転免許統計の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!