NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

秘書暴行の豊田真由子議員、秘書は「4年半で100人辞めた」「死んじゃう…」と永田町では悪評

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
とよた真由子 公式サイト | 埼玉県第4区 衆議院議員」より
 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。


「このハゲーーーーーっ!」ですっかりおなじみになってしまった豊田真由子衆議院議員ですが、実は永田町では、豊田事務所は以前から「秘書たちが就職したくない事務所ナンバー1」でした。

 2012年の当選から4年半で辞めた秘書は100人を超えるといわれ、本当に生活費に困るくらい困窮した秘書が、最後にドアを叩く事務所といわれていたのです。そのため、もはや“ネタ”と化していました。

「就職活動しているんだけど、どこか公設秘書の枠が空いている事務所があったら教えて」

「豊田事務所があるじゃん(笑)」

「えーーーー! やめてーーーー! 死んじゃうよ」

 というやり取りを、神澤も何度かしたものです。

理不尽に怒鳴る議員は珍しくない?


 豊田議員について、河村建夫元官房長官が「あれはたまたま彼女が女性だから、あんな男の代議士なんかいっぱいいる。あんなもんじゃ済まない」とフォローして問題になりましたが、実際、理不尽に怒鳴るだけの議員であれば、ほかにも大勢います。

 神澤も、「このハゲー!」「違うだろー!」という録音の音声を耳にしたときには、「なんか、なつかしいな」と思いました。自分の新人時代やアホな議員の下で働いた時期を思い出し、「自分にも、怒鳴られてばかりのつらい時期があったな」と昔を振り返ったのです。もはや、感覚がマヒしていますね。

 しかし、今回の豊田議員の件は暴行も伝えられており、論外です。「事件」といっても過言ではありません。一方で、豊田議員をかばうわけではありませんが、「週刊新潮」(新潮社)に告発した秘書の方は支持者あてのバースデーカードの宛先とカードのお名前を間違えたそうですが、このミスは言語道断です。

 議員が支持者のお名前を間違えたら、「もう投票しないぞ!」と叱られてしまうのが当然です。そのため、秘書たちも、そのあたりは非常に気を使います。それにもかかわらず、「47通も間違えていたなんて秘書失格」というのが永田町の人たちの意見です。

 そもそも、ほかに行くところがないような人しか雇えない豊田議員も、自分の人望のなさや日頃の行いの悪さを是正すべきでした。

「生きてますよ……」と力なく笑う女性秘書


 少し前に、神澤の秘書仲間が豊田事務所の公設秘書になったことがありました。彼女も長い不遇の時期があり、やっと見つけた就職先だったのです。私たちは、「再就職祝いの会」を企画して日程を調整しようとしましたが、どうしても彼女の時間がつくれずに話は流れました。

 飲み会に行ける時間には帰れないようで、たまに廊下で会っても「生きてますよ……」と力なく笑うだけ。そこで、少しでも気持ちが明るくなればと、秘書仲間で彼女のことを「特派員」と呼ぶことにしました。そして、豊田議員の強烈なエピソードを秘書仲間に報告してもらうのです。

 それ以来、廊下ですれ違うときなど「特派員、どうですか最近は?」「この間は、こんなことが……。おかしいですよね」などと話していました。

秘書暴行の豊田真由子議員、秘書は「4年半で100人辞めた」「死んじゃう…」と永田町では悪評のページです。ビジネスジャーナルは、連載、国会議員秘書自民党豊田真由子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!