NEW
鈴木祐司「メディアの今、そして次世代」

日テレ、緻密編成が完全成功で45カ月連続三冠王…日曜夜は5時間ずっと視聴率2桁

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
各局のG帯視聴率

 テレビ業界は2017年度の春改編から、まもなく5カ月が経過する。『しくじり先生 俺みたいになるな!!』『橋下×羽鳥の番組』(共にテレビ朝日系)が9月いっぱいで終了になるなど、次の秋改編の内容も発表され始めている。

 改編とは、各局がそれまでの状況をより改善するために、局の英知を集結して打ち出す編成の改定であり、勝敗・成否が明確に出てしまう。そこで、“間もなく秋改編”というこの時期に、春改編ではどの局が笑い、どこが泣いたのかを検証しておきたい。

“三冠王”をめぐる栄枯盛衰


 まずは、3年連続視聴率三冠王を爆進中で、毎年恒例の『24時間テレビ』も2日間(8月26~27日)の平均視聴率が18.6%と歴代2位タイと好調だった日本テレビから詳述する。

 三冠王とは、ビデオリサーチ社が算出する各局の視聴率のうち、G帯(ゴールデンタイム:夜7~10時)、P帯(プライムタイム:夜7時~11時)、全日(朝6~夜12時)の3時間帯ですべて1位となった場合を指す。通常は公共放送のNHKを除外して、関東地区では民放キー5局の争いで王者を決めている。

 そもそも視聴率測定は、1977年からオンライン方式が採用され、毎日午前中に前日の番組視聴率がわかるようになった。以後しばらく、三冠王はTBSに独占されていた。ところが82年から、フジテレビの時代となる。「楽しくなければテレビじゃない」をキャッチフレーズに、お笑い芸人を中心にしたバラエティ番組と、旬のアイドルを主役に抜擢したトレンディドラマなどで、フジは12年続く“第1期黄金期”を築いた。

 その栄光の座は、1994年に日テレによって取って代わられる。『進め!電波少年』『マジカル頭脳パワー!!』などに象徴される“企画力勝負”のバラエティを武器に、日テレはフジをトップの座から引きずり下ろした。

 しかし2004年、フジは再び日テレを凌駕する。日テレ内での新陳代謝の失敗という見方もあるが、フジが10年の雌伏の時を経て王座に返り咲いた。7年続く“第2期黄金期”である。ところがそのフジも、首位に戻った直後から変調が始まる。05年をピークに、視聴率が徐々に下落したのである。

日テレ、緻密編成が完全成功で45カ月連続三冠王…日曜夜は5時間ずっと視聴率2桁のページです。ビジネスジャーナルは、連載、テレビ朝日フジテレビ日本テレビの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!