NEW

「平行世界」から飛び移ってきた女性の超常体験談

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

望まれざる超常体験


 世の中には、摩訶不思議な体験をする人々がいる。それらの多くは、いわゆる超常現象とされ、科学的な説明は困難だが、多くの場合、ときどき見られる典型的な現象として分類され得る。たとえば、UFOアブダクション、ポルターガイスト現象、心霊現象、テレパシーやESP(超感覚的知覚)といった超能力現象などである。時に、UFOに搭乗して宇宙人の母星を訪問したり、地底人の暮らす地下都市を訪問したとする人々もいる。また、近年増加傾向にあるが、物理的な体験は伴っていなくとも、チャネリング(霊的交信)を通じて宇宙人や地底人と接触する人々もいる。

 これらは、本人にとっては確かに衝撃的な出来事かもしれないが、それほど目新しい話ではない。特に、何者かとの接触のように、相手あっての出来事の場合、科学的な説明は無理でも、自分に何が起こったのか、何らかのかたちで推測し、現実を受け入れることができる。時にトラウマを抱え込むことになろうとも、他者と過去を共有できる世界で暮らし、同様の体験者を見つけ出せることはいくらか救いとなる。

 一方、ある時点から他者と過去を共有できなくなるケースがある。特別、恐ろしい存在と出くわしたわけでも記憶喪失に陥ったわけでもないものの、それまで知っていた世界がなくなり、異なる世界を受け入れて生きていかねばならないケースである。

 そんな体験をしたとする女性がスペインにいる。そして、彼女は2008年7月16日、インターネット・コミュニティーを通じて自分の5カ月前の体験を告白し、次のように助けを求めたのである。

<もし、同じような体験をした人がいたら、どうか私に連絡してください。医者は説明できませんでしたが、私は自分に何が起こったのかを知りたいのです。

 最近5カ月間、私はネット上で見つけたさまざまな理論に目を通してきましたが、「代替現実」に飛び込んでしまったのだと確信しています。私が行った何らかの行為が自分の現実を変えてしまったに違いないと思っています。

 もし、私が平行宇宙にジャンプしてきたのであれば、なぜ私は同じ年(時間軸)で暮らしているのでしょう? 人生において、わずかな違いを除いて、私は同じ人物に留まっています。

 自分のことをわかりやすく説明するなら、直近5カ月間の人生を失ったようなものです(それ以前の自分が本当の自分だった)。すべてはただの夢で、自分以外のすべての人々はこの5カ月間の記憶を持っている。そして、その期間に私が行ったことを、私だけ記憶していないようなものです。

 どうか茶化すのではなく、真実を教えてください。これは私にとってはとても真剣なことなのです>

「平行世界」から飛び移ってきた女性の超常体験談のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、UFOアブダクション平行宇宙超常現象の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!