NEW

聖路加病院、賃金未払い発覚でボーナス遅配…労基署、「聖域」病院の長時間労働を一斉摘発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
聖路加病院(「wikipedia」より)

 昨年12月に発表された「2017年ブラック企業大賞」の「大賞」は引越社だったが、「業界賞」は意外な“企業”の受賞となった。

 それは新潟市民病院だ。受賞理由は以下の通り。

「貴院は2016年1月、当時37歳だった研修医を過労自殺に追いやりました。研修医が亡くなる前の残業時間は月平均で過労死ラインの二倍に相当する187時間、最大で251時間に及び、これは本年のノミネート企業中最多です(以下略)」

 新潟市民病院は1973年に設立され、「人間性豊かな医療人の育成をめざします」「患者さんに信頼される、ぬくもりのある医療をめざします」とうたう、市民のための公立総合病院である。この病院で後期研修中だった研修医の木元文さんは2016年1月24日夜、自宅近くの公園でアルコールとともに睡眠薬を飲み、低体温症で死亡した。

 電通の高橋まつりさんの自殺からちょうど2カ月後のことだった。自殺前、家族に「人に会いたくない」「病院に行きたくない」「気力がない」などと語っており、警察により自殺と断定された。遺族は6月、自殺は長時間労働による過労が原因として新潟労働基準監督署に労災を申請。17年3月、労災と認定された。

 申請から認定まで9カ月半を要したのは、木元さんの労働時間の把握に時間がかかったためだ。同病院は残業時間を最大で月80時間以内とする「36協定」を結んでいたが、電子カルテの操作記録などを調べた結果、時間外労働時間は15年8月には最長251時間にも達し、同月を含め4カ月連続で200時間を超える過酷な労働の実態が明らかになった。

 新潟市民病院は、労使協定の上限を超える残業があったとして、09年にも新潟労働基準監督署から是正勧告を受けた札付きの“ブラック病院”だ。同病院は木元さんの自殺後、新たに労使協定を改定したが、改訂内容はこれまで最大月80時間だった残業時間を、最大月100時間まで残業できるように逆に上限を引き上げた。事実上の“是正拒否”で、遺族感情を逆なでするものだった。

聖路加病院、賃金未払い発覚でボーナス遅配…労基署、「聖域」病院の長時間労働を一斉摘発のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、ブラック企業大賞引越社新潟市民病院時間外労働の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事