NEW

エジプト政府がひた隠す、地下迷宮の謎...スフィンクスの地下にも秘密都市が存在? 

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伝説のラビリンス(地下迷宮)は実在した?


 エジプトのどこかに地下迷宮(ラビリンス)が眠っている。そのように考える研究者は決して少なくない。なぜなら、その地下迷宮は紀元前5世紀のギリシャの歴史家ヘロドトス、紀元前1世紀(古代ローマ時代)のギリシャの地理学者・歴史家・哲学者ストラボン、紀元前1世紀のギリシャの歴史家ディオドロス・シクロス、1世紀(古代ローマ)の博物学者・政治家・軍人ガイウス・プリニウス・セクンドゥスらによって言及されてきたからである。

 古代ギリシャ人がラビリンスと呼んだその地下迷宮には、それを建設した12人の王たちと神聖なワニたちの集合墓地のほか、寺院や秘密の部屋・通路があり、実際にヘロドトスが訪問した際には、建設されてから1300年が経過していたという。場所はカイロの南約90キロのハワーラにあったとされる。

 ヘロドトスは著作『歴史』においてラビリンスについて次のように記している。

「ラビリンスには屋根のある中庭が12あり、6つは北向きに、6つは南向きに一列に並んでいて、それぞれの門は互いに正確に向き合っていた。内部は、二階層となっていて、3000の部屋があり、半分は地下に、残りの半分は地上にあった。私は上層階の部屋々々に通されたので、それらに対する言及は私自身の観察に基づいている。但し、地下の部屋々々について言えることは限られている。というのも、それらにはラビリンスを建造した王たちや神聖なワニたちの墓も含まれており、担当のエジプト人たちは私にそれらを見せなかったからである。

 一方、上層の部屋々々に関しては、私は実際に目にしたが、それらは人の手によって作られたものだとは信じがたいものだった。私たちは中庭から部屋々々へ、部屋々々から回廊へ、回廊からさらなる部屋々々へ、そしてそこからさらなる回廊へと抜けて行ったが、部屋と部屋、中庭と中庭を結ぶ、当惑させるような入り組んだ通路に対して私はずっと驚きっぱなしであった。

 各部屋、中庭、回廊の天井は壁同様に石でできていた。壁には彫刻が施されていた。それぞれの中庭はとても美しい白い大理石で作られていて、列柱で囲まれていた」

エジプト政府がひた隠す、地下迷宮の謎...スフィンクスの地下にも秘密都市が存在? のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、エジプトピラミッド大スフィンクスの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!