NEW
林晋哉「目からウロコの歯の話」

深刻化する子どもの視力低下、原因は噛む力の低下?ごはんを「硬い食べ物」と言う子どもたち

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 文部科学省が昨年12月にまとめた学校保健統計調査(速報値)によると、子供の虫歯(処置歯含む)は減少したが視力低下は増えているということです。この調査は2016年4~6月に、国公私立の幼稚園から高校までの子ども全体の25.3%に当たる約344万人を対象にした大規模調査なので、子どもたちの実情を正確に反映していると受け取れます。

 虫歯が減少したことは良いことですが、視力低下は目の機能低下にほかならず、大きな問題といえます。裸眼視力が1.0未満の割合の増加が深刻で、幼稚園で27.9%、小学校で31.5%、中学校で54.6%、高校で69.9%と、いずれも過去最高となったのは由々しき事態です。眼科専門医で慶応大学教授(眼科学)の坪田一男氏はこう警告しています。

「大人になっても近視が止まらない人もおり、より強度の近視に進むと眼鏡などでの矯正も難しくなり、さらに失明につながる恐れもある。放置してよいものではない」

高校で0.3未満が4割近いのはかなりの危機的状況

 こうした視力低下の主因として、スマートフォン(スマホ)やタブレットの使用が挙げられています。しかし、子どもの視力低下は今に始まったことではなく、問題視され始めたのは1980年代からで、その当時はスマホもタブレットはありません。

 当時、主因として指摘されていたのは、テレビやファミリーコンピューター(ファミコン)などで、やはり目を酷使することが視力低下を招くとされました。

 しかし、視力のピークになる年齢などを精査した結果、テレビやファミコンは主因ではなく、実は柔らかい食べものによる咬合力の低下が視力低下の実態と符合するとの指摘があります。

 早くから軟食と視力低下の関係を指摘した宮崎教育大学の島田章夫教授(当時)は、1988年7月25日付教育医事新聞記事『視力低下の原因 -食物の軟化で咬合力弱く-』で、幼稚園児の咬合力と視力の調査の結果、咬合力の低下傾向が著しいことから、「これでは将来視力の低下を招くことは否定できません」と現状を予測しており、残念ながらその通りとなってしまっています。

深刻化する子どもの視力低下、原因は噛む力の低下?ごはんを「硬い食べ物」と言う子どもたちのページです。ビジネスジャーナルは、連載、咬合力低下虫歯視力低下近視の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!